指示に従って行動することが難しい

幼稚園や学校でうちの子だけ集団行動ができていない、何か指示をしてもポカンとしたまま、あるいは分かっていても従わない…色んなパターンによって、しっかり行動できるように工夫する方法があります。

12182 view

指示に注目できていない、指示がわからない、の2つの原因があるかもしれません。
注目を引いて、わかりやすく具体的な指示の仕方を行っていきましょう。
1 指示を出す前に、お子さんが「気づける工夫」をしましょう
その伝え方でお子さんはわかっているかな?大人の伝え方を変えようの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
名前を呼ぶ、正面から呼ぶ、「ねえねえ」「ちょっといいかな?」など、お子さんの視線を大人に向けてもらえるよう工夫をしましょう。 2 「◯◯しないでね」ではなく、「◯◯しようね」というような肯定形の指示を出しましょう
その伝え方でお子さんはわかっているかな?大人の伝え方を変えようの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
その伝え方でお子さんはわかっているかな?大人の伝え方を変えようの画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
「◯◯しないでね」という言い方では、「結局何をすれば正解なのか」が伝わりません。
「◯◯してね」という言い方に変えてみましょう。
3 また、「ちゃんとして」などの抽象的な言葉は控えましょう
その伝え方でお子さんはわかっているかな?大人の伝え方を変えようの画像4 クリックすると別画面で開いて拡大できます
その伝え方でお子さんはわかっているかな?大人の伝え方を変えようの画像5 クリックすると別画面で開いて拡大できます
何をどうすればいいのか、短く具体系に伝えましょう。
ワンポイント
片付けてね、も曖昧な言葉になります。「床のおもちゃ、全部この箱に入れてね」など、より具体的に伝えてあげましょう。また、綺麗な状態を写真にとっておき「片付けてね。これと同じにして」など視覚的な情報と一緒に伝えるとより具体的でわかりやすくなるでしょう。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『発語・会話』TOPへ戻る >