擬音語(ザーザー)や擬態語(ふわふわ)の理解が難しい

雨が「ザーザー降っている」と「パラパラ降っている」の違いが分からない……。そんなときは、日常生活のなかで体感しながら覚えていきましょう。

5778 view

擬音語や擬態語のことを「オノマトペ」と言い、オノマトペを楽しく学べるアプリがいくつも出ています。
スマートフォンやタブレットを使うと、多くの子どもが楽しんで取り組むことができます。遊びながら学びましょう。
擬音を使ったクイズを出してみましょう 例)

・「ゴロゴロ…なんの音でしょう?」
・「ぴょんぴょん」
・「ピーポーピーポー」

など

イラストやジェスチャーと一緒に提示すると、お子さんも考えやすいかもしれませんね。

慣れてきたら、お子さんに問題を出してもらうのもいいでしょう。
学習アプリを使って一緒に考えてみるのも良いでしょう
擬音を使った表現をするとイマイチわかっていない様子…そんなときは?の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
ワンポイント
インターネットで、「オノマトペ 教材」で検索すると動画での教材なども出てきます。 スマートフォンと同じく、パソコンを使った学習もお子さんが楽しく取り組める方法の一つですね。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 公認心理師 専門行動療法士 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『発語・会話』TOPへ戻る >