発達障害のある子どもを「通常学級」に入れるときに気をつけたい3つのポイント

発達障害のある子どもを「通常学級」に入れるときに気をつけたい3つのポイントのタイトル画像

お子さんが発達障害と診断されていると、小学校の進級先を「特別支援学級」にするのか、「通常学級」にするのか、すごく悩んでしまいます。生徒数も多い通常学級で発達障害のある子が過ごす場合、保護者として注意したいポイントについてお話したいと思います。

A17554a0d2b15a664c0e73900184544f19e70227 l
129432 View

通常学級でも「合理的配慮」が義務化 、しかし現実は…?

こんにちは。『子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』著者の立石美津子です。

2016年4月に「障害者差別解消法」が施行され、一人ひとりの困りごとに合わせた「合理的配慮」を行うことが義務化されました。

これによって、学校の通常学級でも、障害のある児童に対して個別のきめ細かい対応を教員側が行うことが求められるようになりました。

たとえば、文字の読み書きに困難がある児童には、タブレットや音声読み上げソフトで学習することを可能にするなど、一人ひとりの凸凹に合わせて、困難を解消する措置をとるのが合理的配慮です。
発達障害のある子どもを「通常学級」に入れるときに気をつけたい3つのポイントの画像
合理的配慮の具体例
Upload By 立石美津子
合理的配慮とは?考え方と具体例、障害者・事業者の権利・義務関係、合意形成プロセスについてのタイトル画像
関連記事
合理的配慮とは?考え方と具体例、障害者・事業者の権利・義務関係、合意形成プロセスについて
ただし、これで学校側の支援体制がすぐに変わるというわけではありません。地域、学校、教師の指導力の差もあります。発達障害児について全教員が豊富な知識を持って正しい対応ができているかどうかも疑問です。

教育現場の体制が一気に変わるわけではありませんので、誰もが学びやすいユニバーサルな通常学級の実現までには、まだまだ遠い道のりがあります。この法律ができたことで安心するのではなく、「通常学級に入れることはどんなことなのか」を親がしっかり把握しておかなくてはならないと思います。

生徒数も多い通常学級で、発達障害のある我が子は大丈夫?親が気をつけたい3つのポイント

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

TA-kun さん
2017/02/09 09:03
9歳の壁…これからですが不安です。
お友達関係も変わってくるのかな…

あかちゃん さん
2016/12/08 21:45
環境を整えるのは現状、やはり親なんだと思います。もちろん進んでいる地域・人もあると思いますが、家庭も学校もより良い環境を求めるべきではないかと。
ただ、学年上がるにつれ自主性が芽生えてきたと共に、親が意識して手を離すことは絶対必要だと思います。
子供の自主性の芽生えを摘まないようにしたいです。

Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

「すべての子どものための教育」インクルーシブ教育って?背景、具体的な取組み、課題点についてのタイトル画像

「すべての子どものための教育」インクルーシブ教育って?背景、具体的な取組み、課題点について

インクルーシブとは、「包括的な」「包み込む」という意味です。インクルーシブ教育の導入により、就学先決定の仕組みや、通常学級で障害のある子ど...
進学・学校生活
44034view
2016/09/20 更新
通級指導教室とは?対象は?通級による指導の内容や通い方、ほかの特別支援教育との違いを紹介しますのタイトル画像

通級指導教室とは?対象は?通級による指導の内容や通い方、ほかの特別支援教育との違いを紹介します

通級による指導は小・中学校の通常学級に在籍する障害のある児童の特性に合わせた個別の指導です。保護者にとって、子どもの就学先選びは非常に大き...
進学・学校生活
18011view
2017/04/29 更新
特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路までのタイトル画像

特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路まで

通常の学級、特別支援学級や通級指導教室、支援学校などの様々な選択肢から、お子さんの就学先を選ぶことに悩む保護者の方は多いのではないでしょう...
進学・学校生活
175936view
2016/08/14 更新
発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?のタイトル画像

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?

知的発達に遅れがない発達障害の子どもの場合、通常学級への在籍を選ぶご家庭も少なくないでしょう。近年では通級による取り出し指導も充実してきて...
進学・学校生活
59434view
2016/11/21 更新
特別支援教室とは?どんな制度?通級との違いは?特別支援教室を徹底解説します!のタイトル画像

特別支援教室とは?どんな制度?通級との違いは?特別支援教室を徹底解説します!

特別支援教室は、インクルーシブ教育を推進するために今後導入される制度で、おおむね通級による指導を置き換える制度です。2017年現在、東京都...
進学・学校生活
17928view
2017/03/30 更新

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

自閉症だと伝えても理解されない…その経験から学んだトラブル回避術のタイトル画像

自閉症だと伝えても理解されない…その経験から学んだトラブル回避術

自閉症の子を育てていて一番つらかったことってなんですか?私は他人から「しつけのなっちゃない親だ」と怒鳴られたこと。更に「うちの子、自閉症な...
自分と家族のこと
10960view
2017/06/25 更新
食物アレルギーの息子の「命をかけた食事」- 自閉症であることよりも悩んだことのタイトル画像

食物アレルギーの息子の「命をかけた食事」- 自閉症であることよりも悩んだこと

「自閉症では死なないけれど、食物アレルギーでは死んでしまう」このことに翻弄されていました。自閉症の行動で悩まされることも多々ありましたが、...
自分と家族のこと
12513view
2017/06/11 更新
見かたを変えれば短所は長所!? 子育てのストレスを軽減する近道とはのタイトル画像

見かたを変えれば短所は長所!? 子育てのストレスを軽減する近道とは

ウロウロして、走り回って私を困らせたこともあった自閉症の息子。でも、一見長所とは思えない特徴も、将来強みになるかもしれません。特別支援学校...
自分と家族のこと
6512view
2017/05/22 更新
励ましの言葉は時に相手を傷つける。障害児の母として伝えたいことのタイトル画像

励ましの言葉は時に相手を傷つける。障害児の母として伝えたいこと

ママ友の子どもが障害児だった場合「どう接したらよいかわからない」「障害については触れない方がよいのかしら」と悩むことはありませんか。良かれ...
自分と家族のこと
9703view
2017/05/07 更新
「好き」と「適性」どちらを選ぶ?自閉症の息子の接客訓練を見て…のタイトル画像

「好き」と「適性」どちらを選ぶ?自閉症の息子の接客訓練を見て…

好きな仕事をして食べていけるのは、人として幸せなことだと思います。“好きなこと=将来の職業”と一致しているのが望ましいのですが、なかなかそ...
将来のこと
8466view
2017/04/09 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。