療育手帳の区分と判定基準は?

各自治体がそれぞれの判定基準に基づいて、知能検査による知能指数(IQ)と日常生活の様子などから、知的な障害の程度を総合的に判断し、区分を決定しています。

障害の程度により区分がわかれ、受けられるサービスの適用範囲も違いがあります。基本的には重度「A」と重度以外の中軽度「B」の2つの区分にわけられますが、より細かく区分している場合など、自治体によって等級の分け方もさまざまです。
療育手帳の区分について(自治体別一覧)|東京大学大学院経済学研究科 READ
http://www.rease.e.u-tokyo.ac.jp/read/jp/archive/statistics/statistics_criterion.html

程度区分は障害の重さ(重度~軽度)で分けられます

療育手帳の程度区分は基本的には知的障害の程度によって分けられます。自治体によって、また、本人の年齢によって変わりますが、おおよそ以下の基準を目安に判定されます。ただし、これらは判定基準の一部分について例示したものであり、最終的には総合判定により障害の程度が決められます。

■重度(A)
 ・最重度
 ・重度

■軽度(B)
 ・中度
 ・軽度(B/B2/4度など)

年齢によって判定項目は変わります

取得の判定項目や基準は、年齢によっても変わってきます。特に18歳未満の児童は、年齢に応じて判定の項目も変わります。異なった基準で度数を決定するため、同じ度数でも年齢により異なった状態になる場合があります。

例えば、東京都の「愛の手帳」の、0~6歳未満、6~18歳未満、18歳以上で判定項目や基準が分かれ、人の状況に応じて判定される制度になっています。
判定について(愛の手帳Q&A)|東京都心身障害者福祉センター
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shinsho/faq/techo_qa/hantei.html
「愛の手帳」0歳から6歳までの判定基準|東京都
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/jicen/ji_annai/a_techou.files/kijun0-6.pdf
「愛の手帳」6歳から17歳までの判定基準|東京都
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/jicen/ji_annai/a_techou.files/kijun6-17.pdf
愛の手帳 判定基準|東京都
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/jicen/ji_annai/a_techou.html

療育手帳のメリット①保育・教育面の援助

■保育園への入園
自治体によっては、保護者自身が療育手帳を持っている場合や、療育手帳を持っていて介護が必要な家族がいる場合に優先順位が高くなり、入園しやすくなります。

■特別支援学校への入学
特別支援学校への入学を希望する場合、出願の際に障害の程度を証明するものとして、療育手帳の写しの提出が必要になる場合があります。

療育手帳のメリット②就労に向けての支援が受けられる

療育手帳は、将来のためにも大きな役割を果たします。それは就労の際の様々な制度・支援が受けられるということです。療育手帳の所持者は、特定求職者雇用開発助成金や障害者トライアル奨励金、障害者雇用奨励金などの支給対象障害者となったり、障害者雇用枠での就職ができるなど、障害者向けの雇用制度の対象となるため、就労の可能性が広がります。
次ページ「療育手帳のメリット③各種サービス・割引を受けられる」


バナー画像


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。