「スクールカウンセラー」の検索結果

関係性へのアプローチが支援のカギ!子どもだけを変えようとする支援から、その先の支援へ。『発達障害のある子どもと周囲との関係性を支援する コミュニケーション支援のための6つのポイントと5つのフォーカス』
「貸して」「いいよ」を練習するなど、子どもに一方的でパターン化された指導をすることに疑問を感じることはないでしょうか。本書は、コミュニケーションを支援する場合に、子どもと周囲の人の間にある関係性にアプローチす...
公開日:2020/08/04
通級、給食、学童でも…ASD長男の小1生活、意外にも順調!?給食で食べたことのない物にも挑戦!連携ノートやカウンセラー面談で聞くミミの様子も新鮮で...
小学校1年生のミミの学校・学童生活が再開して1か月が過ぎました。授業についていけるのか?友だちはできるのか?給食は食べられる?ミミを心配しながら、宿題や持ち物の確認など私自身も混乱気味です。
公開日:2020/07/31
【おねしょ・夜尿症のお悩み】子どもの根性や親のしつけの問題ではない、原因や発達障害との関連性――専門家が解説【前編】
おねしょは子どもの根性や親のしつけの問題だというイメージをお持ちの方は、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。「おねしょ」は小学校入学を境に「夜尿症」という病気としてとらえられます。そして夜尿症は病院で...
公開日:2020/04/06
吃音のある子ども一人ひとりのニーズに対応した支援を考える『子どもの吃音サポートガイド』―場面ごとのさまざまな支援方法をイラストでわかりやすく紹介!
吃音とは、いわゆる「どもり」のこと。吃音があるために、自信や自尊感情の低下を招いてしまうケースも多くあります。『イラストでわかる子どもの吃音サポートガイド』(合同出版)は、吃音とは何か、吃音のある子どもの思い...
公開日:2019/11/05
自閉症息子に「思いやりの嘘」をどう教える…!?親子でシミュレーションしてみたら
子どもに対して、「嘘をついてはいけません」と教える人は多いのではないかと思います。けれど、”思いやりの嘘”についてはどうでしょうか・・・? 以前、私はスクールカウンセラーさんとの面談の中で、息子に対して「嘘...
公開日:2019/11/01
【発達障害と受験】通学や学習進度、いじめ対策は?中学受験の志望校選び7つのポイント――発達障害&グレーゾーンの子の進学<後編>
現在中学2年生の長男は、中学受験をし「自分に合った環境」を選んで進学したことで、学校で毎日楽しく過ごせるようになり、私はそこに「障害」を感じなくなりました。発達障害の「障害」とは、その子の「個性」と「環境」と...
公開日:2019/10/02
小学5年の娘、進路はどうする!?通級・支援学級・支援学校…公立でぴったりの学級はある?【わが家の進路選択 Vol.2】
発達障害のある娘が小学5年生の秋から、この先の進路の選択肢を知るためにと、さまざまな学校を見学するようになりました。 今回は、小学5年~6年生のころに見学した公立中学の特別支援学級や通級のこと、教育相談で知...
公開日:2019/05/09
かんしゃくは「助けて」のサイン?漢字が苦手な自閉症長男が変わった秘密は、あの人気ドリルと手作り教材
自閉症スペクトラム障害のある小学3年生の長男は、昔から、自分の興味のないことにとりくまなくてはいけないときは癇癪をおこしていました。学校では、小学1年生の時から漢字の勉強につまづき、宿題のたびに癇癪をおこす毎...
公開日:2019/02/04
PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説
PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考え方が否定的になったりと、日常生活を送る上で支障が出るといわれています...
公開日:2018/12/09
約600名が回答「子どもとゲームに関するアンケート」の結果は!?わが子はゲーム障害!?と悩む家庭の、お悩みから対応策まで!
現代の子どもにとって「ゲーム」は、日常にあるのが当たり前、切り離せない存在です。一方でゲームに没頭し、日常生活に影響が出るなどの問題も多くあります。 このような状況を受けて、2018年にWHOが新しく国際疾...
公開日:2018/10/09
こんにちは!小学校1年生になったばかりの長男のことで相談です
今までは、場所見知り、大人に対する人見知り、気持ちの切り替えが苦手、すこしこだわりありな、すこし手のかかる子、それでもその子の特性かなぁと思って育ててきました。気持ちの切り替えができないときは1時間だろうが、...
投稿日:2020/08/01
体の弱い子供にオーバーワークを強いる先生、どこに相談したら?
小学2年生個別支援学級(知的障害なし)です。1年生の時は授業のほとんどを交流級で受け、学活・掃除・給食を個別で過ごしましたが、この6月からの学校再開後は、クラスがうるさいことによる頭痛で交流級にも行けなくなり...
投稿日:2020/07/20
中学2年の娘が不登校です
ADHDがありコンサータ・アトモキセチン(ストラテラのジェネリック)・エビリファイを服用しています。普通の人が無意識に行っている生活を、娘は神経を磨り減らしながら送っています。雑談も苦手です。小学校までは周囲...
投稿日:2020/06/26
今度、新しいスクールカウンセラーさんにお会いするのですが聞い
ておいた方が良いことって何かありますかね?自分一人で考えても新しい案が出てこなくて💦
投稿日:2020/06/22
小3の娘、一人っ子です
私が悩んでいることは、「娘が下着がはけない」ことです。小学校にあがるまではとてもオシャレでなんでも着ることができていました。小1になり、レギンスがはけなくなりました。小2の冬はジャージしかはけなくなりました。...
投稿日:2020/01/14
発達障害の診断済みで、定期受診したり、放課後デイなどに通って
て、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーなどと面談されてる方いますか?今まで気にも留めてなかったので、この二つの内容の違いもよく分からないし、どちらかというと診断つく前の子が利用するサービスかなぁ...
投稿日:2020/01/07
ASDの中学一年の末坊のことです
担任の先生から、「カウンセリングの先生から黒板を見難い旨を聞いた」と、放課後に電話をもらいました。本人に確認したところ・黒板に青チョークの字が同化して見えない・白板に薄い字が見えない・黒板・白板ともに、画数の...
投稿日:2019/11/26
中1男子、初めて病院に行きます
心がけなど、経験談を教えてください。今までずっと、極めてグレー、でもどうにかなってる、という状況で過ごしてきました。トラブルは多かったので、発達支援センター、スクールカウンセラー、教育支援センターなど色々利用...
投稿日:2019/10/09
小3、小1の娘がいます
二人共全くの不登校というわけではありませんが、ほとんど行っていません。特に下の子とは離れられず、また私に対しての執着も激しいので、離れられるのは週二回やっている夜のパートの時だけです。休みの日にはパパが二人を...
投稿日:2019/09/02
小学五年の子どもが、おそらく発達障害のボーダーです
スクールカウンセラーに勧められウィスクを受けましたが、結果は全検査でIQ83でした。民間の医療機関も受診しましたが、診断名は特についていません。今現在、いろいろと情報収集をしたり、ネットワークを拡げるよう模索...
投稿日:2019/07/17