単語や文をつなげて読めない

単語や文章を一音ずつ、ぷつぷつ途切れながら読んでしまう様子が気になっていませんか?これには、「目のスムーズな動き」や「文字を音に素早く変換すること」や「単語のまとまりを捉えること」などが苦手である可能性があります。原因は多岐に渡りますが、ここでは日常で簡単に取り組みやすい3つの手だてをご紹介します。

13168 view

文章を読むためには、文字を滑らかに目で追えることが大前提となります。また、行末から次の行の頭に視線を移すことかも必要となります。これらの力を育む遊びをご紹介します。
平仮名一文字ずつは読めるのに、文章や単語など文字のまとまりになると読むのが苦手、ということもありますよね。

まず、文章を読むためには、文字を知っているという事と同時に文字を滑らかに目で追えることが大前提となります。このような目的物に合わせて、目をスムーズに動かすことを「追視」といいます。

また、文末から次の行の文頭に目線を動かす際に使う「サッケード」という目の動かし方があります。

これらの眼球運動はダイナミックな遊びを通し、目線を大きく動かすことで基盤が作られていきます。ここでは、自宅で出来る遊びをご紹介します。
風船バレー
文字をなめらかに読むために、「眼球運動」をスムーズにしたいときは…の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
スーパーボール
文字をなめらかに読むために、「眼球運動」をスムーズにしたいときは…の画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
ミニ卓球
文字をなめらかに読むために、「眼球運動」をスムーズにしたいときは…の画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
100円ショップなどで購入できるものもあります。 球技(キャッチボール・サッカー・野球)
文字をなめらかに読むために、「眼球運動」をスムーズにしたいときは…の画像4 クリックすると別画面で開いて拡大できます
ワンポイント
上記の遊びが上手くできない場合は、まずは基盤となる体作りが大切となります。ジャングルジムやブランコなど、ダイナミックな遊びを通して楽しく育んでいけたら良いですね。
ほかの工夫
監修者
高畑 脩平 先生
白鳳短期大学 リハビリテーション学専攻 作業療法学課程 講師 奈良教育大学特別支援教育研究センター 研究員 奈良県障害者総合支援センター 作業療法士
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『学習・工作』TOPへ戻る >