数字が読めない 20f173e65ab241d487b8295214adda3847131e2a l

そろそろ数字を覚えてもらいたいけど、どうしたら興味をもってくれるのだろう…?日常生活のなかで楽しみながら数字と親しむ方法をご紹介します。

3823 view

「いち・に・さん・し……」といった“数字の読み方”や、「いち…次なんだっけ」という“数の順序“を覚えることが難しいのかもしれません。


日常生活のなかで、大人が意図的に数を声に出したり、数を数える遊びを行ったりしましょう。
生活の中で、出来るだけ意図的に一緒に数をかぞえてみましょう
数える場面をふやそうの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
お子さんと走るときに、「イチ、ニ、イチ、ニ」や「イチ、ニ、サン、シ」と声をかけながら走りましょう。 遊びの中で10まで数える機会をつくってみましょう
数える場面をふやそうの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
鬼ごっこの時にみんなで10数えてから鬼がおいかけはじめるなど、数える場面をつくってみましょう。
お子さんが10まで数えられなくても、周囲の人の数える音を耳で聞く機会が増えることが大切です。

かくれんぼのときにみんなで10数えてから鬼が探し始めたり、ブランコやトランポリンの待ち時間に10を数えて交代にするなどしてみましょう。
お風呂などで数えうたやを手遊び歌って楽しみましょう
数える場面をふやそうの画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
数をつかった手遊びや数字の歌はたくさんあります。
インターネットで調べてみたり、園や学校の先生に聞いてみるのもいいでしょう。
日めくりカレンダーをお子さんにめくってもらうのも良いでしょう
数える場面をふやそうの画像4 クリックすると別画面で開いて拡大できます
その時に、「今3だね、次はなんだろうね?」と質問を投げかけてみるのも良いでしょう。
One point icon ワンポイント
「いち・に・さん・し……」と数を順序正しく言葉で言うことを“数唱”と言います。 今回の方法の他にも、お風呂の中で10まで一緒に数えたり、ジャンプをしながら数えたり、日常場面で取り組めることがたくさんあります。 ぜひお子さんの前では意識手に数字を声に出してみましょう。
Tedate icon ほかの工夫
Kansyu icon 監修者
Cc6f6ede7b271915dba0f43119e441804a648724 s
野口あきな 先生
インクルーシブ教育研究者 LITALICOジュニア スーパーバイザー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
『学習・工作』TOPへ戻る >