補助輪付き自転車に乗れない

補助輪付きでもフラフラしていたり、運転できていなかったりすることはありませんか。小さいサドルの上でバランスをとり、足や手を同時スムーズに動かせるよう、お家でできることをご紹介します。

1801 view

ハンドルをスムーズに動かすときに、ハンドルを止められるかどうかが1つのポイントです。ハンドルを止めるためには、両腕を浮かせた状態で左右に同じ力が入るように加減しなければなりません。この動きを日常に取り入れてみましょう。
ルール・準備物
ぞうきん
畳んだ洗濯物を両手の拳で挟んで運んでみましょう
難しいハンドルの操作、どうすればできるようになるかな?の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
練習と言わずに、お手伝いの一貫のように取り組んでもらうのも良いでしょう。お子さんが楽しんでできるように、工夫してみましょう。 「ボール運びゲーム」をやってみましょう
難しいハンドルの操作、どうすればできるようになるかな?の画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
ペットボトルを2つ用意し、間にボールなどをはさんで運びます。スタートをゴールを決めて、お子さんと競争するのも楽しいでしょう。

ボールの大きさや硬さはお子さんに合わせていきましょう。
硬いボールの方がコントロールがしにくいので、最初は柔らかく落とさずにすむような大きさのボールから始めると良いでしょう。

間に挟むものは、ボールでなくても構いません。
柔らかいタオルなどをつかってみるのも良いでしょう。
ほかの工夫
監修者
狩野 麻里 先生
作業療法士 奈良県総合リハビリテーションセンター
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『運動』TOPへ戻る >