他者に対して過度に身体接触する

小さいお子さんならまだしも、年齢が大きくなるにつれて大人や周囲のお友達に抱きつくと不快に思われることがあります。年齢に合わせて過度な身体接触を減らしていくために、お家で行えることをみていきましょう。

32192 view

幼少期に身に付けたコミュニケーションのとり方しか知らず、他に気持ちを表現する仕方を知らないのかもしれません。過度な身体接触が好ましくないことを理解していない場合もあります。
この場合は、お子さんの実年齢に応じたコミュニケーションのとり方を教え、身体接触の範囲や頻度、時間を減らしていきます。
1 過度な身体接触をすると、相手や周囲の人がどのように感じるか、伝えてみましょう
幼少期のコミュニケーションのままなのかな?と思ったらの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
「抱きつくと、周りの人はびっくりしてしまうよ」などお子さんの理解に合った言葉で伝えましょう。 2 その時の年齢にあった関わり方を、わかりやすく伝えましょう
幼少期のコミュニケーションのままなのかな?と思ったらの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
幼少期のコミュニケーションのままなのかな?と思ったらの画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
言葉では伝わりにくい場合は、こちらのイラストを使って伝えてみましょう。

友達同士の遊びの中で、お子さんが伝えた通り適切な関わり方を選べていたらしっかりとほめてあげましょう。 過度な身体接触をしてしまっているときは、「どうする約束だったかな?」と聞くようにしましょう。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『困った行動』TOPへ戻る >