靴をはくことが苦手

靴をはくとき、「踵が上手く入らない」「左右逆に履いてしまう」などありませんか? 靴のはき方が気になるときに、すぐに取り組める工夫をご紹介します。

11428 view

靴の履き口に指をかけてかかとを押し込むことができない場合、靴のかかと部分にリングをつけることで、引っ張りやすくしてみましょう。
靴のかかと部分にリングをつけて、それを引っ張って履くようにしてみましょう
靴にかかとを入れるコツをつかむには、どうすればいい?の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
靴のかかと部分にリングが付いているものも市販されています。ぜひ、探してみてくださいね。
ワンポイント
ハイカットシューズや甲の長い靴は足首の関節が柔らかいお子さんにとっては、メリットが大きい靴です。一方で、履き口が狭いので、履きやすさという点ではデメリットが大きい靴になります。何を目的にするかで、選ぶ靴も異なるということです。 一般的に、関節が柔らかい子や、低緊張の子はハイカットシューズを履いた方が足の発達には良いので、一概にハイカットシューズが良くないということもありません。ケースバイケースなので、ここは難しいところです。
ほかの工夫
監修者
狩野 麻里 先生
作業療法士 奈良県総合リハビリテーションセンター
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『身辺自立』TOPへ戻る >