服をたたむことができない

服のたたみ方を教えても、自分でたたむのが難しいみたい……。服を自分でたためるようになる工夫を紹介します。

6722 view

形が複雑な服はたたみ方がわかりにくいです。また、生地が薄いと掴みづらいです。この様な服はうまくたためないので、たたむこと自体がイヤになってしまいます。まずは、たたみやすい服を用意して、隣で見てあげながら、「たためた」体験ができるようにしましょう。
ルール・準備物
厚い生地の服 たたむ手順が複雑でない服
1 セーターやトレーナーなど生地が厚手の服を用意します 2 音やリズムでたたみ方を覚えるヒントをつくりましょう
服のたたみ方を覚えるとき、最初はどんな工夫をしたらいい?の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
「バッタン」と言いながら、袖を折りたたむ見本を見せましょう。

両袖がたためたら、服を真ん中で折ります。そのときも、「真ん中パッタンだよ」と言いながら見本を見せましょう。
服のたたみ方を覚えるとき、最初はどんな工夫をしたらいい?の画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
ワンポイント
「右パッタン・左パッタン・真ん中パッタン」を毎回のリズムにすると、覚えやすいでしょう。
ほかの工夫
監修者
狩野 麻里 先生
作業療法士 奈良県総合リハビリテーションセンター
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『身辺自立』TOPへ戻る >