歯磨きを嫌がる

寝る前の歯磨きをどうしても嫌がられぐずられて毎日へとへと、なんてことはありませんか?お子さんが歯磨きを嫌がる理由を見つけて、少しでも楽しく歯磨きができるようにしましょう。

10091 view

歯ブラシの感触や、歯磨き粉の味、においが「すごく苦手!」と感じる子もいます。

無理してニガテなものを使い続けるのではなく、お子さんが使いやすいものを探してみましょう。
お子さんが苦手なポイントを観察してみましょう
歯磨きをするとき、口のなかで捉える感覚が少し苦手なのかな?と思ったらの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
歯ブラシの感触が苦手?それとも歯磨き粉の味?
お子さんの苦手なポイントを探してみましょう。

歯ブラシの固さを変えたり、大きさなどを変えて、口の中の不快な感覚を減らしてみましょう。
歯ブラシ以外のアイテムも試してみましょう
歯磨きをするとき、口のなかで捉える感覚が少し苦手なのかな?と思ったらの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
歯ブラシがどうしても苦手な場合は、
歯磨き用のガーゼやうがい薬なども試してみましょう。
歯医者さんに相談し、代替できるアイテムを聞いてみるのもいいでしょう。
歯磨きをするとき、口のなかで捉える感覚が少し苦手なのかな?と思ったらの画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
お子さんと一緒にアイテムを選ぼう 歯磨き粉は刺激の少ない子ども用や、飲み込んでも大丈夫なジェルなどもあります。

アイテムを選ぶときは、大人がある程度選択肢を絞り、
お子さん自身に「どれを使いたい?」と聞いてみましょう。

自分で選ぶことで、トライするハードルが下がり取り組みやすくなる場合もあります。
ほかの工夫
監修者
狩野 麻里 先生
作業療法士 奈良県総合リハビリテーションセンター
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『生活』TOPへ戻る >