うがいができない・水を飲んでしまう

水を飲んでしまったり、すぐに口からこぼれてしまったり…。
うがいができないけれど、どうやって教えたらいいか分からない。

そんなときにお家でできることをお伝えします。

9802 view

ブクブクうがいでは左右の頬をふくらませて、ガラガラうがいでは口をすぼめます。

この動きができるようになるために、口の周りの筋肉をつけましょう。

口の周りに力を入れたり、口の形を維持したりする遊びをやってみましょう。
「にらめっこ」で色々な顔の形を作ってみましょう
うがいをするときに必要な、左右の頬を膨らます動きが苦手なときは…の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
「アップップ」で口をふくらませる通常のにらめっこをやったあとに、「この顔やってみて!」と大人の真似をしてもらいましょう。

できるだけ、頬を膨らませる表情や、口をすぼめる表情を取り入れながら、口周りを動かす動きを練習しましょう。
ラッパ、風船、しゃぼんだまで、口をすぼめてみましょう
うがいをするときに必要な、左右の頬を膨らます動きが苦手なときは…の画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
遊びの中で、取り入れてみましょう。
お子さんが「それいいな!僕もやりたいな!」と思っているタイミングがチャンスです。
ワンポイント
ブクブクうがいをするためには、しっかり口を閉じることがポイントです。 お子さんの中には、やってみたら思いの外口をしっかり閉じるのが苦手だった!という場合もあります。 頬を膨らませて口をキュッと閉じられるか、など遊びながら確認してあげましょう。
ほかの工夫
監修者
狩野 麻里 先生
作業療法士 奈良県総合リハビリテーションセンター
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『生活』TOPへ戻る >