場面や状況を言葉で流暢に説明することが難しい

お子さんが伝えたい事を伝えるときに、言おうとしていることの前後関係があいまいだったり、冗長であるために今ひとつ分かってあげられないことはありますか?そんな場合にできる取り組みをみていきましょう。

1950 view

状況の説明に慣れてきたら、最後に自分の気持ちに近いものを言えるように練習していきましょう。
ルール・準備物
状況絵カード、ヒントカード
1 状況と、気持ちがかいてあるカードを用意します お子さんにイラストをみせて「このときどんな気持ちになる?」と気持ちのカードを選んでもらいましょう。

慣れてきたら、気持ちのカードは机の上に並べておくだけにして「このとき、どんな気持ち?」と問いかけたときに、お子さん自身の言葉で答えてもらうようにします。カードは選ばずに困ったら見る程度にしていきましょう。

出来事は言えるけれど、気持ちは言えない…そんなときに出来る工夫は?の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
出来事は言えるけれど、気持ちは言えない…そんなときに出来る工夫は?の画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
出来事は言えるけれど、気持ちは言えない…そんなときに出来る工夫は?の画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
出来事は言えるけれど、気持ちは言えない…そんなときに出来る工夫は?の画像4 クリックすると別画面で開いて拡大できます
出来事は言えるけれど、気持ちは言えない…そんなときに出来る工夫は?の画像5 クリックすると別画面で開いて拡大できます
出来事は言えるけれど、気持ちは言えない…そんなときに出来る工夫は?の画像6 クリックすると別画面で開いて拡大できます
状況と気持ちをつなげて言うことに慣れてきたら、今日の出来事などを題材に、できごとと気持ちをあわせて言えるように練習していきましょう。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 公認心理師 専門行動療法士 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『発語・会話』TOPへ戻る >