声の大きさの調節が難しい

電車で大きな声で話して周囲の目が気になる…発表のときに声が小さすぎて聞こえない…
こんなときには、お子さん自身の声のボリュームを目で見て分かるようにして、大きい声と小さい声それぞれの練習をしましょう。

14336 view

メガホンやマイクは、自然と声が大きくなって楽しいですよね。
アイテムを使って、大きな声を出す感覚を掴みましょう。
大きい声を耳で聞いて、音量の違いを掴んでもらいましょう。
おもちゃのメガホンを使います
なかなか人前で大きな声がでない…そんな時はの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
無い場合は、ペットボトルや紙をつかって声が抜ける筒を作りましょう。 メガホンを使って「あー」と大きな声を出してみましょう
なかなか人前で大きな声がでない…そんな時はの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
その時大人は「わあ大きい声ー」と、わかりやすくリアクションをしてあげましょう。 メガホンを使わずに「さっきと同じ大きさでお話して」とお子さんに伝えます
なかなか人前で大きな声がでない…そんな時はの画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
メガホンをつかって、おしゃべりをしたり歌ったり楽しく遊んだあとは、メガホンを外してお話してみましょう。 最後に大きな声で話す場面を伝えます 「朝の会の号令係りのときは、メガホンの声を使ってね」など伝えてあげましょう。

みんなの前で長文での発表は、最初はハードルが高いかもしれません。
簡単な号令や挨拶のような、短く決まったフレーズから始めると良いでしょう。

もし長文にトライするときは、文章を書いたメモを渡して、できるだけ混乱しないようにサポートしましょう。

また、人前で声が小さいと注意をしてしまうと、余計に自信をなくしてしまいます。
少しでも声をだせたら、認め褒めてくようにしましょう。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『発語・会話』TOPへ戻る >