「て」「に」「を」「は」などの助詞を間違えて使ってしまう

「お兄ちゃんに、たたいた~!」と言ったり、書いてみると「おちゃがちょうだい」となっていたり……。正しく「て・に・を・は」を読み書きできるようになるにはどうしたらよいでしょうか。

3857 view

手立て1ができるようになったら、日常の中で、よくある場面の「~が~を(に・へ)●●する」を言えるように練習しましょう。
ルール・準備物
課題カード、助詞カード
1 クイズのレベルを少しあげてみましょう
「ままがアイスたべた」のように「誰+が」は言えるけど後半の助詞が抜けやすい…そんなときはの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
①課題カードを提示します。
②助詞カードを選びます。
③文章をいいます。

「ままがアイスたべた」のように「誰+が」は言えるけど後半の助詞が抜けやすい…そんなときはの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 公認心理師 専門行動療法士 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『発語・会話』TOPへ戻る >