言うことを聞いてくれない

子どもが指示を聞いてくれない時は「そもそもその指示の意味を理解していない」もしくは「理解はしているが従いたくない、従えない」の2パターンがあります。

20750 view

子どもにとって、その指示や説明はわかりやすいでしょうか?

指示を出す時には「短く」「具体的に」を意識してみましょう。
短い言葉で伝えましょう
大人の説明が間違っているのかも?子どもに最適な伝え方とはの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
「◎◎くん、8時になったら幼稚園バスにのるからそろそろお片付けしておいてね」

よりも

「◎◎くん、おもちゃおしまい。お片づけ」

など短くシンプルにしてあげましょう。
大人の説明が間違っているのかも?子どもに最適な伝え方とはの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
具体的に伝えましょう
大人の説明が間違っているのかも?子どもに最適な伝え方とはの画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
大人の説明が間違っているのかも?子どもに最適な伝え方とはの画像4 クリックすると別画面で開いて拡大できます
ワンポイント
お子さんの理解に合わせて、指差し、写真、イラストなどで目で見てわかりやすくする工夫をしてもよいでしょう。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 公認心理師 専門行動療法士 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『発語・会話』TOPへ戻る >