PDD-NOS(特定不能の広汎性発達障害)とは?自閉症やアスペルガーとの違い、診断・支援方法は?【専門家監修】

ライター:発達障害のキホン

PDD-NOSは広汎性発達障害のグループに属する障害ですが、アスペルガー症候群や自閉症スペクトラム障害などと何が違うかご存知ですか?この記事では、PDD-NOSの症状や発達障害の中での位置づけから障害者手帳取得の可否までご紹介いたします。

監修者井上雅彦のアイコン
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。
目次

PDD-NOS(特定不能の広汎性発達障害)とは?

PDD-NOSとはPervasive Developmental Disorder Not Otherwise Specifiedの略で特定不能の広汎性発達障害のことです。自閉症スペクトラム障害やアスペルガー症候群などの、他の広汎性発達障害の特徴がみられるが、それらの基準を満たさない場合に診断される障害です。

この障害はアメリカ精神医学会の『DSM-Ⅳ-TR』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第4版 テキスト改訂版)という診断基準により分類されたものです。

しかし、2013年、この診断基準の改訂版である『DSM-5』(『精神障害のための診断と統計のマニュアル』第5版 テキスト改訂版)において、PDD-NOSという診断区分はなくなり、自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害というカテゴリに変更されています。そのため、現在はPDD-NOSの診断名が下されることは少なくなりつつあります。

とはいえ、すでにこの名称で診断を受けた人も多いこと、医療機関などでPDD-NOSの名称を使用している場合も多いことから、本記事では『DSM-Ⅳ-TR』において定義されているPDD-NOSについてご説明いたします。
発達障害の種類と概念図
発達障害の種類と概念図
Upload By 発達障害のキホン
この障害は、発達障害の1カテゴリーである広汎性発達障害が含む5つの障害のうちの一つとして位置づけられます。(上図参照)

広汎性発達障害が含む5つの障害とは、自閉症アスペルガー症候群レット障害小児期崩壊性障害PDD-NOSを指します。

この広汎性発達障害という発達障害のグループの特徴として
①対人関係・社会性の障害
②コミュニケーションの障害
③特徴的なこだわりや興味
の3つが挙げられます。

PDD-NOSの定義

『DSM-Ⅳ-TR』によるPDD-NOSの定義は以下の通りです。
対人的相互反応の発達に重症で広汎な障害があり、言語的または非言語的なコミュニケーション能力の障害や常同的な行動・興味・活動の存在を伴っているが、特定の広汎性発達障害、統合失調症、失調型パーソナリティ障害、または回避性パーソナリティ障害の基準を満たさない場合に用いられるべきである。例えば、このカテゴリーには“非定型自閉症”――発症年齢が遅いこと、非定型の症状、または閾値に達しない症状、またはこのすべてがあるために自閉性紹介の基準を満たさないような病像――が入れられる。

引用:高橋三郎ら/訳『DSM‐IV‐TR 精神疾患の診断・統計マニュアル』2004年 医学書院/刊
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4260118897

PDD-NOSは他の診断基準ではどう扱われるの?

PDD-NOSという診断区分を定めた『DSM-Ⅳ-TR』は最新の診断基準ではありません。そのため現在、PDD-NOSに相当する症状がある場合は、『DSM-Ⅳ-TR』以外の診断基準で診断をされることが多くなってきています。

ここでは、PDD-NOSに相当する症状が、別の診断基準ではどのような名称なのか紹介いたします。

・『DSM-5』におけるPDD-NOS
『DSM-Ⅳ-TR』の改訂版であり、2013年に発行された『DSM-5』において、PDD-NOSという診断基準はなくなり自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害というカテゴリに変更されています。

DSM-Ⅳ-TRでは、こだわりや常同性がない、または弱い場合にPDD-NOSとして診断されることもありましたが、DSM-5では行動、興味、および活動の限定された/反復的な行動様式が見られない場合、社会的(語用論的)コミュニケーション症/社会的(語用論的)コミュニケーション障害として診断されるようになりました。
DSM-5
DSM-5
Upload By 発達障害のキホン
・『ICD-10』におけるPDD-NOS
世界保健機関(WHO)が定める『ICD-10』(『国際疾病分類』第10版)(※)(以下、本文中の表記は『ICD-10』とする)という診断基準では、『DSM-Ⅳ-TR』におけるPDD-NOSは非定型自閉症他の広汎性発達障害広汎性発達障害,特定不能のものという3つのカテゴリーに相当するとされています。
ICD-10
ICD-10
Upload By 発達障害のキホン
※ICD-10について:2019年5月、世界保健機関(WHO)の総会で、国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)が承認されました。日本国内ではこれから、日本語訳や審議、周知などを経て数年以内に施行される見込みです。
参考:ICD-11 | 世界保健機関(WHO)
https://icd.who.int/en/
広汎性発達障害(PDD)は遺伝する確率があるの?きょうだい、父親、母親との関係は?【専門家監修】のタイトル画像

広汎性発達障害(PDD)は遺伝する確率があるの?きょうだい、父親、母親との関係は?【専門家監修】

発達障害とは?発達障害の特徴・症状・分類や、発達障害の診断方法を解説!【専門家監修】のタイトル画像

発達障害とは?発達障害の特徴・症状・分類や、発達障害の診断方法を解説!【専門家監修】

参考文献:神尾陽子/著『DSM-5を読み解く』2014年 中山書店/刊
https://www.amazon.co.jp/dp/4521739733

PDD-NOSの診断基準

PDD-NOSは、
1.広汎性発達障害にみられる症状がある
2.広汎性発達障害に含まれる他の障害カテゴリー基準に当てはまらず特定できない

という2つの条件をどちらも満たすものです。

そのため、一言にPDD-NOSといっても、その症状は一人ひとり異なります。また、症状の程度は他の広汎性発達障害のなかでは比較的軽いと一般的には言われています。

以下において、PDD-NOSの2つの条件についてそれぞれ説明いたします。

1.他の広汎性発達障害にみられる症状がある
PDD-NOSを除く4つの広汎性発達障害にみられる症状の特徴として以下の3点があります。

・対人関係・社会性の障害
人とのかかわりにおいて、お互いが快適に過ごすための振る舞いが難しく、良好な対人関係を築きにくいこと。

・コミュニケーションの障害
話し言葉や、表情や身振りなどのコミュニケーション能力において、なんらかの障害がみられること。たとえば、一方的な発話、独り言、言外の意味の組み損ねや話題の偏りやお決まりのフレーズなどが例に挙げられます。

・特徴的なこだわりや興味
特定の習慣や儀式にかたくなな興味をもつことや、特定の対象に対して持続的に熱中すること。
参考ページ ペック研究所HP
https://www.ipec2005.com/
2.他の広汎性発達障害の基準に当てはまらない
以下において説明する、4つの広汎性発達障害の基準を満たさない場合、PDD-NOSに分類されます。

・自閉症
自閉症は、目や耳から脳に入ってきた情報を「意味のあるまとまったこと」として認知することを苦手とします。原因は脳の器質的な異常によるもので、遺伝病ではありませんが、染色体異常や遺伝子異常などの遺伝的素因が強く、先天的に発症するという考え方が有力です。具体的な原因遺伝子はまだ解明されていません。詳しくは以下の記事をご覧ください。
【自閉症とは】気になる症状があるときは?相談できる専門機関や診断基準を解説します【専門家監修】のタイトル画像

【自閉症とは】気になる症状があるときは?相談できる専門機関や診断基準を解説します【専門家監修】

・アスペルガー症候群
アスペルガー症候群(AS)は対人コミュニケーション能力や社会性、想像力に障害があり、対人関係がうまくいきづらい障害で、知的障害や言葉の発達の遅れがないものを言います。明確な原因は現在もわかっていませんが、何らかの脳機能の障害と考えられています。詳しくは以下の記事をご覧ください。
アスペルガー症候群の3つの症状と相談先、アスペルガー症候群の人が活用できる支援を解説【専門家監修】のタイトル画像

アスペルガー症候群の3つの症状と相談先、アスペルガー症候群の人が活用できる支援を解説【専門家監修】

・レット障害
レット障害(レット症候群)は、ほとんどが女児に見られる脳障害で、少なくとも6ヶ月の正常な発達の時期を経た後に、重度の精神および運動の発達的後退がみられます。この障害の原因はX染色体上の遺伝子異常(MECP2、CDKL5、FOXG1)であることが1999年に解明されています。このため、『DSM-Ⅳ-TR』の改訂版である『DSM-5』では、自閉症スペクトラム障害から除外されました。
参考:レット障害|難病情報センター
https://www.nanbyou.or.jp/entry/4366
・小児期崩壊性障害
2~5歳頃まで健常な発達をしていたが、言語の理解や表出能力の退行が始まり、退行が終わったあとは自閉症と類似した症状を示すようになる障害です。原因はほとんど解明されていません。脂質代謝異常(コレステロールの蓄積)、はしかやウイルスの脳への感染、遺伝性疾患などとの関連がある可能性を指摘されています。
参考:小児期崩壊性障害|ハートクリニックHP
https://www.e-heartclinic.com/kokoro-info/special/speech_12.html

PDD-NOSの発現時期

広汎性発達障害の子どもを持つ親が、言語能力の遅れやこだわりなどの症状から何らかの疑いを持つ時期は、3歳未満が多いとされています。また、1歳半健診や3歳児健診などの乳幼児健康診査で広汎性発達障害を含む発達障害に関する何かしらの指摘があり、その後医師の診断により判明することもあります。

中には子どもの頃に気づかず、大人になってから広汎性発達障害と診断された方もいます。不安障害やうつ病などの気分障害・睡眠障害などのいわゆる二次障害と呼ばれる症状や状態となり、その検査を通して広汎性発達障害に気づく人もいます。
広汎性発達障害(PDD)の原因は?遺伝する確率はあるの?【専門家監修】のタイトル画像

広汎性発達障害(PDD)の原因は?遺伝する確率はあるの?【専門家監修】

次ページ「PDD-NOSの原因」


バナー画像


同じキーワードでコラムを探す

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。