クレヨンなら書けるが鉛筆だとうまく書けない

お絵かきが好きで、クレヨンだと楽しんで書いているのに、鉛筆では上手に書けない…

そんなことありませんか?

鉛筆を操作するためには、
①親指・人差し指・中指で鉛筆を摘んで動かす動き
②薬指・小指の安定

の2つが必要になります。

5691 view

クレヨンより細い鉛筆は、クレヨンよりも指先の力が必要だったり、手全体で鉛筆を支えなければいけなかったりします。

なかなか上手に持てないときは、
鉛筆を安定して持てるように助けてくれる補助グッズを使って鉛筆を持ちやすくする工夫をしましょう。
ルール・準備物
お子さんに合った、補助グッズ
市販のグッズの中でお子さんに合うものを探してみましょう
クレヨンなら安定して持てるのに…なかなか上手に持てないときは?の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
指を安定させることが出来るか、を意識して見ていきましょう。
クレヨンなら安定して持てるのに…なかなか上手に持てないときは?の画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
アイテム例
クレヨンなら安定して持てるのに…なかなか上手に持てないときは?の画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
アイテムはこちら
クレヨンなら安定して持てるのに…なかなか上手に持てないときは?の画像4 クリックすると別画面で開いて拡大できます
アイテムはこちら
クレヨンなら安定して持てるのに…なかなか上手に持てないときは?の画像5 クリックすると別画面で開いて拡大できます
アイテムはこちら
ワンポイント
細い鉛筆より太い鉛筆のほうが持ちやすいので、初めは子ども用の太くて三角の鉛筆で練習するのも良いでしょう。
ほかの工夫
監修者
高畑 脩平 先生
白鳳短期大学 リハビリテーション学専攻 作業療法学課程 講師 奈良教育大学特別支援教育研究センター 研究員 奈良県障害者総合支援センター 作業療法士
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『学習・工作』TOPへ戻る >