ぬりえが苦手

枠からかなりはみ出してしまったり、ぬりつぶせていなかったりということはありませんか? ぬり絵を行うためには、手先の運動コントロールが必要です。また、手先の細やかに操作するためには、それより中心部である体幹・肩甲骨・肩・肘・手首などの安定が必要になってきます。
繰り返し練習すれば出来るわけではなく、これらの要素が揃えば、子ども達は自然とぬり絵ができるようになってきます。

18888 view

手先を上手くコントロールするためには、中心部(体幹・肩甲骨)の安定が必要です。ここでは、体の中心部を使う遊びをとおして、安定した姿勢を育む遊びをご紹します。
手で踏ん張るような活動をしてみましょう
手先のコントロールに必要な「身体の安定」がまだできてないのかな?と思ったら…の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
公園でジャングルジムを思い切り遊んだり、身体を大きく動かす活動を取り入れてみましょう。
手先のコントロールに必要な「身体の安定」がまだできてないのかな?と思ったら…の画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
また、自宅の中でできる遊びであれば、手押し車などでも良いでしょう。

お子さんが楽しんで取り組めるよう、練習のようにならないよう注意して取り組みましょう。
ほかの工夫
監修者
高畑 脩平 先生
白鳳短期大学 リハビリテーション学専攻 作業療法学課程 講師 奈良教育大学特別支援教育研究センター 研究員 奈良県障害者総合支援センター 作業療法士
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『学習・工作』TOPへ戻る >