遅刻が多い

学校に遅刻したり、移動教室の集合時間に遅れてしまうお子さんは、単に時間にルーズなわけではないかもしれません。そんな場合の対応策をお伝えします。

6350 view

お子さんの体調やペースに合った時間配分で、生活リズムを整えましょう。

身に付くまでは大人が時間をコントロールしましょう。

はじめのうちは、絵カードや写真などで見て分かるようするのも1つです。
お子さんに合ったペースの生活リズムかどうか、見直してみましょう
家を出る準備一つひとつに、どれくらい時間が必要かわかっていないのかも?そんなときはの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
朝の準備時間と、支度の内容を書きだしてみましょう。

お子さんは何に時間がかかりやすくて、どのタイミングで工夫が必要なのか、考えてみましょう。
お子さんにとってわかりやすいスケジュール表をつくりましょう
家を出る準備一つひとつに、どれくらい時間が必要かわかっていないのかも?そんなときはの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
イラストや写真、時計をつかって、今のお子さんがスムーズに理解できるよう工夫してみましょう。
ワンポイント
生まれ持った体質として睡眠などの生体リズムがアンバランスな場合があります。 睡眠チェック表を家庭で記録し、それを基に改善の手立てを考えていくのもよいでしょう。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『小学校』TOPへ戻る >