授業中、席を離れる

授業中、席を離れて立ち歩いたり、教室を出て行ったりすることはありませんか。家でできること、学校にお願いできることをご紹介します。

8096 view

教室の掲示物、窓の外からの景色や音、廊下を通る先生など、目にはいるもの・耳には入るものが、とても気になることがあります。

集中していないから気になるのではなく、目や耳からの情報を取り入れやすいから集中しづらいのです。

このような様子が見られるときは、教室の環境を変えると集中しやすくなるので、学校の先生にお願いしてみましょう。
教室の環境を先生に聞いてみましょう
教室の席についたとき、掲示物や外の音が気になってしまうのかな…そんなときはの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
目や耳から入るものが気になってしまうことを伝え、

・本棚に目隠し、雑音を減らす工夫ができるか

・机や椅子の足にテニスボールをつけて、机や椅子を引きずる音少なくする

など出来ることがないか相談してみましょう。
席の位置で工夫できるか相談してみましょう
教室の席についたとき、掲示物や外の音が気になってしまうのかな…そんなときはの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
・お互いに刺激しあってしまう子ども同士の距離をとってもらう
・廊下、まどの外が気になる子どもの場合も、外が気にならない位置へ変更

など、可能かどうか先生に相談してみましょう。
教室の席についたとき、掲示物や外の音が気になってしまうのかな…そんなときはの画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
席の配慮が必要なお子さんは、クラスに他にもいるかもしれません。

まずは相談して、出来る範囲で協力してもらえるといいですね。
ワンポイント
学校の環境によって、できること・できないことがあります。 先生が対応しやすいよう、具体的に相談してみましょう。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『小学校』TOPへ戻る >