集団行動が苦手

家庭や大人のなかだと元気なのに、なんだか学校生活に疲れを感じている子どもが心配。

お子さんの集団生活疲れの原因と対応策を考えていきましょう。

13955 view

お子さんは、やることが分からずひとりで困っているのかもしれません。

集団のざわざわした中で、一斉に出された指示を聞き取りづらい子どももいます。

そんな場合には、学校の先生に相談して、お子さんにとって分かりやすい指示になるように工夫してもらいましょう。
口頭指示だけではなく、大事なポイントは黒板などにも書きましょう
一生懸命聞いているけれど、途中でわからなくなってしまう…そんなときはの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
授業内容の板書が残ったまま、隅に指示を書いてあってもお子さんは注目できません。

指示は何も書いていない黒板の真ん中に大きく端的な言葉で記載し、目に入りやすいように工夫します。
長文の指示ではなく、1つひとつを短くはっきりと伝えましょう
一生懸命聞いているけれど、途中でわからなくなってしまう…そんなときはの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
一生懸命聞いているけれど、途中でわからなくなってしまう…そんなときはの画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
指示をする前に、話を聞く心構えをしてもらいましょう
一生懸命聞いているけれど、途中でわからなくなってしまう…そんなときはの画像4 クリックすると別画面で開いて拡大できます
名前を呼んだり「今から話すね」と前置きをしたり、お子さんが注目できる前置きをしてあげましょう。
ワンポイント
お子さんが、集団の中での一斉指示を聞き取りづらいということを先生に伝え、指示を工夫してもらえるよう相談しておきましょう。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『小学校』TOPへ戻る >