発達障害とは?分類や原因や相談先、発達障害の診断について。図解つきで分かりやすく説明!【専門家監修】

ライター:発達障害のキホン

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどんな障害があるか、その原因や症状・特性、治療法、もし子どもが「発達障害かも?」と思ったらどうしたらいいのかなど、ポイントをおさえて解説します!

監修者井上雅彦のアイコン
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。
目次

発達障害とは?

発達障害は、発達障害者支援法では「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されています。

具体的にわかりやすく言うと以下のような状態です。
発達障害の定義
※定義や概念は法律や行政・医学などの立場によって異なる場合があります。
Upload By 発達障害のキホン
発達障害はその発達過程やライフステージなどで困りごとや特性が強く現れ、初めて分かるケースがほとんどです。外見からはわかりにくく、大人になっても気づかない人もいます。

その特性から「困った子」と捉えられてしまうこともありますが、その子が「困っている」ことに早く気づき、周りが理解し、一人ひとりに合った対応をすることがとても大切です。

発達障害の主な3つのタイプ

発達障害は特性や現れる困りごとによって、大きくASD(自閉症スペクトラム)・ADHD(注意欠陥・多動性障害)・LD(学習障害)の3つのタイプに分けられます。
発達障害とは?分類や原因や相談先、発達障害の診断について。図解つきで分かりやすく説明!【専門家監修】の画像
主な発達障害のグループを示す概念図です。ICD-10(※)とDSM-5などを元に作成しています。
Upload By 発達障害のキホン
※ICD-10について:2019年5月、世界保健機関(WHO)の総会で、国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)が承認されました。日本国内ではこれから、日本語訳や審議、周知などを経て数年以内に施行される見込みです。
参考:ICD-11 | 世界保健機関(WHO)
https://icd.who.int/en/

発達障害主なタイプ3つのそれぞれの症状・特性と困りごと

ASD(自閉症スペクトラム障害/自閉スペクトラム症)

ASD(自閉症スペクトラム)の主な特性
Upload By 発達障害のキホン
診断基準によっては広汎性発達障害・自閉症・アスペルガー障害などの名前で呼ばれることもあります。知的障害や、言葉の遅れ、感覚過敏・鈍麻がある人もいます。子育ての違和感や園や学校、乳幼児健診での指摘で気づくケースが多いと言われています。
自閉症スペクトラムについてもっと詳しく知る
https://h-navi.jp/column/article/35025728

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の主な特性
Upload By 発達障害のキホン
ADHDの特性は、幼い子どもには多く見られる様子でもあります。しかし、成長するにつれ同年代の子に比べて特性が目立つようになります。そのために園や学校での集団生活が難しくなってしまったり、本人の努力不足や親のしつけの問題と誤解されることも少なくありません。
ADHDの3つの特性と診断タイプや困りごとついて、イラストでADHDを分かりやすくご紹介【専門家監修】のタイトル画像

ADHDの3つの特性と診断タイプや困りごとついて、イラストでADHDを分かりやすくご紹介【専門家監修】

ADHDについてもっと詳しく知る
https://h-navi.jp/column/article/97

LD(学習障害)

LD(学習障害)の主な特性
Upload By 発達障害のキホン
全体的な知的発達に比べて、学習面で大きく目立って不得意なことがあります。読めるのに書けないなど、一部だけに困りごとが表れることもあります。授業についていけなくなる、宿題をこなせないなど、小学校に進学し学習が始まって明らかになるケースが多いと言われています。
学習障害(LD)/限局性学習障害・限局性学習症(SLD)の定義や特徴・症状・原因、学習障害がある子どもとの関わり方のポイントを解説【専門家監修】のタイトル画像

学習障害(LD)/限局性学習障害・限局性学習症(SLD)の定義や特徴・症状・原因、学習障害がある子どもとの関わり方のポイントを解説【専門家監修】

学習障害についてもっと詳しく知る
https://h-navi.jp/column/article/41

発達障害の合併症と困りごと

発達障害は、その特性や症状が一人ひとり大きく違うことが特徴です。特性や疾患、合併症が重なっていることもあります。
発達障害の主な合併症
Upload By 発達障害のキホン
上記のほか、てんかん、チック、トゥレット症候群、場面緘黙、吃音などが合併することもあります。

「感覚過敏があって、音に耐えられず教室を飛び出してしまう」「言葉の遅れがあって気持ちをうまく伝えられず、癇癪を起こしてしまう」など、これらの合併症と特性は密接に関係し重なり合い、困りごととなってしまうこともあります。

発達障害のグレーゾーンとは

発達障害と定型発達の境目は明確にはありません。そのため診断基準は満たさない、あるいは未診断だが発達障害の傾向のある「グレーゾーン」と呼ばれる人もいます。

診断がつかない=症状や困りごとも軽度だと考えられがちですが、明確な診断名がなく、外見からもわかりにくいので、理解や支援につながりにくいこともあります。

分類や定義、診断の有無にこだわらず、一人ひとりの特性の傾向を知り、本人の生きづらさを減らすことに注力できるとよいでしょう。
グレーゾーンについてもっと詳しく知る
https://h-navi.jp/column/article/35026231

発達障害の原因は?

発達障害に関係のある脳の機能

発達障害は、生まれつきの脳を含む中枢神経系の機能障害が原因となって現れると考えられます。以下に、発達障害の特性との関係が考えられている脳の機能を紹介します。
発達障害と関わりがあると考えられる脳の部位
Upload By 発達障害のキホン
発達障害のある人の脳の場合、これらの部位が小さかったり、血流が弱かったりしてうまく機能しないという事例も報告されています。これらの機能障害を引き起こすメカニズムは、まだはっきりとは分かっていません。

発達障害は遺伝するの?

発達障害に関連があると考えられる複数の遺伝子の発見や研究も進められています。ただし、関連する遺伝子を持っていても必ずしも発症するわけではありません。また、親から子へ必ず遺伝するものでもありません。

現在「様々な遺伝的要因と環境要因が相互に影響しあって発達障害の症状が表れる」という説が有力で、すべての方にあてはまるようなただ一つの原因はないといわれています。

「親のしつけ方・育て方が悪い」「親の愛情不足」といった心因論も医学的に否定されています。
次ページ「発達障害かもと思ったら?症状チェック・検査・診断までの流れ」


バナー画像


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。