「コミュニケーション」の検索結果 (37ページ目)

小1の壁、どう乗り越える?障害児育児と仕事の両立の見通しが立った意外なきっかけとは?
育児と仕事の両立についていろいろと悩まれている親御さんは多いのではないでしょうか。さらに、わが子に療育や通院の必要があると、今後の働き方についてさらに悩みが増えていくことも。「働くママのライフプランーキャリア...
公開日:2023/07/27
4歳、5歳、6歳の発達チェックリスト。発達障害かもと感じたら?/小児科医監修
4歳、5歳、6歳頃までに、子どもはほとんどの運動機能を一通り獲得すると言われています。自立が進み、友達とは言葉を使って気持ちを表現し、その中で団結したり、けんかしたり、仲直りしたりを繰り返して、社会生活の基礎...
公開日:2023/07/27
【小・中学生の体験談も】不登校の背景、発達特性は一人ひとり違うから。「自ら再び学び始める」進路や将来への不安に寄り添う「1対1」指導の強み
「不登校だから」「発達障害があるから」、お子さんのことは、そう簡単に一括りにできるものではありません。今回は、これまで不登校や中退、引きこもりの経験がある4,000人以上の学びをサポートしてきたキズキ共育塾(...
公開日:2023/07/26
特別支援学級、夏休み明けに激変!? 生徒は1.5倍、教員不足で小1自閉症息子にも良くない変化が…
自閉スペクトラム症と構音障害がある長男けんとは、現在小学2年生。入学時から特別支援学級に在籍しています。昨年、1年生の夏休み明けの出来事です。2学期に入ると特別支援学級の生徒数が急に増えました。しかし、先生と...
公開日:2023/07/26
「歩き方が変」「麻痺は言い訳」軽度脳性麻痺の私に向けられた心ない言葉の数々。いじめ、不登校を乗り越え大学生になった今、目標は…
【発達ナビでは読者からの子育てエピソードを募集中!今回は「いじめトラブル」についてのエピソードをご紹介します。】私は自閉スペクトラム症グレーゾーンの診断を受けている20歳の大学生です。障害者手帳(身体障害者手...
公開日:2023/07/25
暴言、集団行動の苦手さ、どうしたら?発達障害のある子どもと小児科医の6年間。SST、ペアレントトレーニングを振り返って/祖母への手紙【マンガ専門家体験談】
自閉スペクトラム症とADHDがある子どもと、保護者、小児科医の6年間のエピソードをお届けします。 専門家の先生がみてきた発達が気になる子どものエピソードをもとに、分かりやすくマンガ化してお届けするシリーズ企...
公開日:2023/07/24
3歳児の発達チェックリスト。もしかして発達障害?と感じたら/小児科医監修
3歳ごろになると、歩く、走る、跳ぶといった粗大運動のほか、投げる、蹴るといった複雑な運動機能がほぼできるようになるとされています。手指のこまかい動きも一通りできるようになるので、食事と排泄はほぼ自立するお子さ...
公開日:2023/07/23
療育手帳にデメリットはあるの?「息子は障害者なんだ」と涙したけれど…手帳を取得して変わったこと
発達に遅れがある子どもが支援を受けるための制度の1つに、「療育手帳」というものがあります。 誰もが取得できるものではありませんが、持っているのといないのとでは、受けられる支援に大きな差が出てしまうことがある療...
公開日:2023/07/23
2歳児の発達目安は?月齢別チェックリスト、相談先も/小児科医監修
2歳といえば「イヤイヤ期」といわれるほど、自我が急成長する時期です。これは、走ったり跳んだりといった基本的な運動機能がととのい、手先もこまかい動きができるようになってきて、なんでも自分でしたがる一方で、まだう...
公開日:2023/07/22
1歳児の心身や言葉の発達目安は?月齢別チェックリストも/小児科医監修
初めてのお誕生日を迎えるころから、赤ちゃんは自分の足で歩くようになり、自分が欲しい物の方へ自力で移動し、手を使って触って確かめます。こうして身近な人や身の回りの物に、自分から働きかけていくようになります。そし...
公開日:2023/07/21