「ダウン症」の検索結果

専門家と共同開発!発達障害がある子向け学習机「イーチェスク」、集中力アップの独自設計を取材
発達障害がある子の学習やご家庭での療育の“困りごと”、ありませんか?気が散ってしまって「座っていられない」、「集中できない」というご家庭も多いのではないでしょうか。障害がある・発達が気になる子どものなかには、...
公開日:2019/01/17
成長とともに必要な「支援」は変わる。社会人になった娘を見て、思うこと
私には2018年春に就職した発達障害の娘がいます。娘と歩んできた19年の間には多くの支援者の方々に関わっていただきました。今回は私が考える“親が望む支援者”について書こうと思います。
公開日:2019/01/09
610人が回答!発達が気になる子のママ・パパが「自分のために」ほしいクリスマスプレゼントは?
もうすぐクリスマス。お子さんたちも、今年はどんなプレゼントがもらえるかな?とワクワクしているころではないでしょうか。 でも、毎日頑張っているママ・パパだって、プレゼントされたい!と思うこと、ありますよね?そ...
公開日:2018/12/18
「障害者週間」関連のイベントや、啓発にもつながるLINEスタンプの発売。支援も理解も、「知る」ことから始まる!
【12月の発達障害ニュース】毎年12月3日~9日は「障害者週間」です。関連して、内閣府主導のイベントや、各自治体・団体でも啓発活動などが展開されています。また、ダウン症のある人の支援や啓発につながるLINEス...
公開日:2018/12/05
障害イメージの固定化を超えて多様性へ!制作に参加して感じたEテレ「u&i」の本気度
私は多様性をテーマにしたNHKEテレ「u&i」教育番組の監修委員を担当しています。民間企業で障害児者支援をしている私が、なぜこの番組づくりに関わりたいと思ったのか。そしてこれまでの障害をテーマにしたテレビ番組...
公開日:2018/11/19
知ることで豊かに生きる第一歩を。秋の新刊5冊を紹介!
今月もさまざまなテーマの新刊をピックアップ!ダウン症の一人娘の学ぶ意欲を支えた家族の実録、発達障害のある子とその家族が幸せになるためのコミュニケーションのコツ、発達障害の人が悩むことが多い「片づけ」の救世主本...
公開日:2018/11/17
映画『いろとりどりの親子』をルポ!「ちがい」と生きる6つの家族が教えてくれた、幸せの多様性
2018年11月17日に公開の『いろとりどりの親子』。いち早く映画をチェックしてきました!さらに、来日したレイチェル・ドレッツィン監督と日本の高校生が語り合う授業への潜入取材や、単独インタビューも。映画の見所...
公開日:2018/11/15
家庭・地域・学校のツナギ役ーー相談支援を併設!子どものニーズに徹底して寄り添う、放課後等デイ「アトリエほんちょう」
目黒区碑文谷の閑静な住宅街の一角にある放課後等デイサービスアトリエほんちょう」。相談支援の事務所や地域住民が集うスタジオなどが入居し、地域のコミュニティ拠点ともいえる建物に施設を構えています。「アトリエほんち...
公開日:2018/11/02
障害のある人と家族の豊かな生き方を考える!イベントやコンサート、映画の情報をチェック!
【11月の発達障害ニュース】家族で楽しめる音楽コンサート。障害や難病でケアが必要な人の家族のことを考えるイベントや映画。専門家の実践例や最新の知見を学べるイベントなど、今月もさまざまな情報をご紹介します。ぜひ...
公開日:2018/11/01
「お姉ちゃんには障害があるの?」自閉症の子のきょうだい児の成長に、願うこと
わが家には19歳の発達障害の娘と10歳の定型発達の息子がいます。病気や障害がある子どものきょうだいのことを、「きょうだい児」と呼びます。病気や障害がある子がいると、親の手はどうしてもそちらにかかりがちになりま...
公開日:2018/10/19
発達障害、知的障害のある人の居場所について
ほとんどの施設は高校生までですが、卒業後、自由な時間、みなさんどのように過ごされているのでしょうか。私の友人の息子さんは24歳で自閉症、コニュニケーションは比較的良好で一人で外出もできるので、居場所があれば、...
投稿日:2018/12/29
みなさんの普通の人には、なんで、こんなものを集めるかわからな
いが、集めてるもの、こだわり?教えてください。自分にとってはごみじゃないからなげられると、きぃーなります例えば、入院してるときに付く、メニューの紙それについてくるクッキーなどもたべずに集めます。あと、ヤクルト...
投稿日:2018/12/29
いつも皆さまの体験や経験からの貴重なお話で勉強させていただい
ています。ありがとうございます。一つお教えください。児童発達支援や放課後デイの利用の際に、職員さんの子供は利用可能ですか?訪問看護や訪問介護等は、身内は利益誘導の恐れがあるため利用できない。とされています。児...
投稿日:2018/12/01
ここに書くべきかわかりませんが、最近聴覚過敏が酷くなりまし
テレビの音量も、周りから小さいといわれました。もともとあった聴覚過敏が悪化していました。眩しさを感じる度合いが増えています。部屋のLEDライトも眩しい。勉強のときとかも下を向いたりすると気持ち悪いし…前からの...
投稿日:2018/11/25
自分と向き合うってなんですか?「意味」がわかりません責任とか
地道な努力とかライフスタイルとかまーーたく、ぜーんぜん意味がわかりませんこういう抽象的なことダメなのも障害ですよね?自分と向き合いなさいと言われても具体的に何するかまったくわかりません
投稿日:2018/11/22
療育はどうやって始めましたか?2歳4ヶ月のダウン症児です
近くに療育が受けられる病院が無く、地域の発達相談(PT)で月1で診ていただいていました。歩けるようになって1ヶ月が経とうとしていますが、まだまだおサルさん歩き。でも、歩けるようになったから…と、卒業を言われて...
投稿日:2018/11/13
親として、妻として、夫として、イライラをどうやり過ごしていま
すか?長男は2度の不登校を経験し、学校へ行き渋りがちょこちょこ出ている状態。長女も、長男の行き渋りがおさまる時期に甘えのように行き渋りが出ます。こちらは、その場で対応すればすぐに元気になって、登校します。次女...
投稿日:2018/11/11
発達障害とおしゃべりな女性との違いについて質問します
発達障害の特徴の1つに相手の事や場のことを考えないでおしゃべりをするという特徴がありますが、健常者(特に女性)の中には、おしゃべりで相手の事(次の予定等)を考えないでおしゃべりを続けてしまう方がいますが、そう...
投稿日:2018/10/15
叱られていることが分からないいつも皆さんからの回答にお世話に
なっています。特別支援学校小学部三年生のダウン症の男の子です。いたずらをして人の気を引こうとすることが多く、私が叱ってもニコニコしているばかりで嬉しそうにしています。叱られたとしても、構ってもらえたことが嬉し...
投稿日:2018/10/03
お久しぶりです
以前、娘の不登校や転学等で色々と質問させていただいた者です。その後、小学校(支援級担任・交流級担任・ケースワーカー・学校長)・教育委員会・訪問支援・デイサービス・保護者の五者十人でケース会議を開き、人数が多い...
投稿日:2018/10/02