急に怒りが爆発・かんしゃくを起こす

自分の気持ちをうまく表現することが苦手な場合、大きな声で叫んだり、暴れたりしてしまう子。気持ちを表現する方法を教えたり、リラックスする方法を一緒にためしたりすることで、コントロールの練習をしていきましょう。

27557 view

自分の気持ちをうまく言葉で表現できず、感情が爆発してしまうこともあります。言いたいことをお話できるように練習してみましょう。
1 うまくいかない場面で、その気持ちをどう表現すれば良いのか伝えましょう ゲームに負けたときに、かんしゃくや喧嘩になってしまう場合には、
事前に「もう一回!」「もうおしまいにしたい」「負けてくやしいな」などお子さんが使えそうなフレーズを伝えてあげましょう。
2 大人とゲームをしながら、セリフを言う練習をしてみましょう
自分の気持ちを上手に言えず、感情が爆発しちゃうときは…の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
先に大人が見本を見せてあげるのもよいでしょう。 3 お友達との間で、練習したセリフが言えていたらたくさん褒めてあげましょう
自分の気持ちを上手に言えず、感情が爆発しちゃうときは…の画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
お友達と遊びの場面に大人が同席していたら、お子さんの感情がいっぱいいっぱいになる前に「くやしいね、もう1回やりたい?」などそっと声をかけ、お子さん本人が「もう1回やらせて」と言えるように促すなどヒントを出してあげるのも大切です。
ワンポイント
感情が高まっているときに「こうすればいいんだよ」と教えても、なかなか受け取りにくいものです。落ち着いている時に、どうすればよいかを学べると良いでしょう。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『困った行動』TOPへ戻る >