すぐ迷子になる 01252a03edfaf0e6865aef9b84861bf879f12528 l

買い物中に気づいたらはぐれてしまい、探しに行くことがたびたびある……迷子にならないために、また迷子になったとき、どうすれば良いでしょうか。

2274 view

気になるものが目に入ると思わず向かってしまうことはありませんか?

お子さんとルールを決めて迷子を予防しましょう。
1 自宅で、外出のルールを一緒に作ってみましょう
気になるものがあると、いきなり自分1人で行ってしまう…そんなときは?の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
「お出かけする時は大人と手をつなぐ」
「見たいものがあったら大人に言う」
「行きたいところがあったら、○○行きたいと言う」など、

お出かけのときのルールを決めて、外出前におうちで確認します。
2 目的地に向かう間、細かく声をかけていきましょう 「手をつないでいられるね!えらいね!」など、子どもができたことを言葉にして伝えながらほめましょう。

お子さんの意識は大人ほど長く続きません。
細かく声をかけてあげましょう。
3 自分で行きたい場所を伝えてくれたら、まずは受け止めましょう 勝手に行ってしまうのではなく、行きたい所を伝えてくれたらまずは気持ちを受け止めましょう。

「教えてくれてありがとう、ここに行きたいんだね」と一言いれてから、時間をきめたり、その場で遊ぶ回数などをきめていきましょう。

一定時間子どもの願いをかなえてあげ、終わる時間は携帯のアラームなどを使って示してあげましょう。
One point icon ワンポイント
万が一、迷子になってなかなか見つからないときのための対策を考えておくと良いでしょう。 たとえば、GPS機能付きの携帯電話をもたせたり、連絡先など書いた迷子札をお子さんのカバンに入れておく、のも良いでしょう。
Tedate icon ほかの工夫
Kansyu icon 監修者
5a9f9be3a4c4f2b420bb57b06f1121b9c3f754e5 s
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 所長 (アドバイザー)
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
『自立・外出』TOPへ戻る >