友達のものを取ってしまう 

自分のもとと相手のものを区別なく勝手に使ってしまう、とってしまう。
順番を待てない…。

そんな場合の解決のヒントをご紹介します

9565 view

使いたいものを他の人が使っているときに、黙ってとってしまう場合があります。

黙って取ることが「良くないこと」という認識がないことや、借りたいときに何て言ったら良いか分からないことが、理由として考えられます。

大人との遊びを通して、「かして」「ちょうだい」と相手に許可をとる練習をしてみましょう。
ルール・準備物
ブロック、積み木
1 積み木を大人が沢山用意し、お子さんには1つだけ渡しましょう
もしかしたら、まだ「かして」を言う必要があるとわかってないのかも…の画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
2 お子さんの手が伸びてきたら、練習のチャンスです
もしかしたら、まだ「かして」を言う必要があるとわかってないのかも…の画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
お子さんが、大人の持っている積み木に手をのばしたら、
大人が「かして、だよ」と伝えます。
3 お子さんが、「かして」と言えたら「どうぞ」とブロックを渡しましょう
もしかしたら、まだ「かして」を言う必要があるとわかってないのかも…の画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
発音が不明瞭でも、一部だけしか言えなくても、まずは積み木を渡してあげましょう。
「上手に言えたね!」と褒めてあげましょう。
4 慣れてくるまで、練習を繰り返していきましょう 大人が「かして、だよ」と促さなくても、
自分から「かして」と言って手を伸ばすようになるまで、生活の中で取り入れてみましょう。


色々な場面で使用できる「ちょうだい」「ほしい」なども練習してみましょう。
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『幼稚園・保育園』TOPへ戻る >