おはようございます。🐰

今日は雨がザーザーしてる。
せっかくのお休みなのに洗濯乾かない💧
どんより生気のない息子、本日はバイト。今から送っていきます。


あんなに活動的だったけど、
ここのところ部屋から出てきてません。
話もしません。何よりつらそう。
昨日言葉を交わせました。

「いつもの事だ。5月病だ。自分で自分の事がわかる」
と言ってくれてかなり安心できた。😊
言い方がいつもよりぶっきらぼうだけど
説明ができないんだろうな。

こんな状態を、バイト先に伝える事が本当に難しい。
「そんなの誰にでもある。甘え」
になるから。
やる気はあるけど。
仕事が続かない、学校が続かない😓
きちんと伝えたいけど、息子のプライドもある。
親が関われるのはうちの中だけ。

人様に迷惑かけて、申し訳ないけど。
不安定な働きだけど。続かないけど。
もう少しいろんな体験をさせて下さい。
世の中の皆様。
5月病だとここの所おとなしい
アスペの息子。
彼の目標はドイツ留学。
資金集めとか言いながら、
バイトがみつからずどよーーん…😞

ところが
お世話になってる方から
知人の乗馬クラブのバイトを
お願いしてくれてました。 😭

そこまでは
地下鉄→電車→自転車。
片道2時間。 通えるのか⁈
来週親子で面談です。
息子の障害のこと、ひきこもりだったこと、今 回復しつつある不安定なことを
あらかじめ話してくれてはいるようです。

念願だった馬のお仕事🐴
決まるかな?
結構厳しそうだけどなぁ。
クタクタになった体で、2時間の道のり。
考えただけでぐったりする😅
だいたい自転車乗れるのかなぁ? 笑笑

↓ 耳、風通し中😄
昨日、息子と久しぶりに1日過ごせました。

朝は遅めのモーニング。
お気に入りのカフェに1ヶ月ぶりに行けた。

コーヒー飲みながら息子が話し出す。
最近知り合った大学生で、
同じアスペルガーの人と会ったと。

「その人、すごく鉄道が好きで、好きすぎて海外まで音を撮りに行ったらしい。
全国の鉄道の音や時刻、距離ほぼ全部制覇したんだって。
どっか行きたかったら聞くと時間も乗り換えも全部教えてくれるよ。
アナウンスのアルバイトもしてるって。」

「へぇーー。すごいね!
ネット乗り換えのアプリいらないね👏
どう?アスペルガーの人と関わるの初めてでしょ?」

「なんか、話してると似てるとこある。
考え方とか?
でも、あの人はすごく喋る。
そこは違うなぁ。
止まらないわ💧
散々話しといて 、話題がいきなり変わる。 あれは空気読めてないわぁ😩」

お前が言うなよ〜〜。🤣
と久しぶりに笑えました。

とても明るい方にお会いできたんだなって
嬉しくなっちゃった。
その後TU◯AYAで、
レンタルしよう!となり時間かけてCD10枚ほど選んで、レジに並ぶ。
「……。」 カード💳忘れた😭

ハイ、母の忘れ物のせいで出直し。

その夜はキッチンに立ち、チャーハンを作ってくれました。
炒めると言うより、焼く。
ご飯がひっくり返らないから焦げる。
フライパンの周りは飛び散った残がい。
ぐっぐっとこらえて拾う。😑
(何か言うと、カードを蒸し返されるから。)男の料理散らかるなぁ😓
だけど美味しかったよ。(^^)


なんか平和な時間過ごせた1日でした。

発達障害と診断されたとき、「発達障害って何?」と、思いました。特に説明もなく
自分で一生懸命調べて調べて。これ以上調べたら頭おかしくなるからやめなさいと言われたことを思い出します。
経過や予後が知りたくて、なんとか普通にならないかと探しまわりました。
いまは、よくここまで育ってくれたと思います。
あとは、彼らが、生きて行けるように力をつけさせ、理解者・協力者とともに生きて活けたらいいなと思います。
子どもや自分が診断を受けたときどう思った?当時の気持ちや現在の変化を聞かせて
最近、色々思うことがあって一つ小さいけど大きい目標を立てた。

「友達を自然に遊びに誘う事ができるようになる」こと。

会社の帰り道や、休みの日に1人で居る時にふと以下のような事を考えていた。

自分は人を誘って何かすることが特別苦手だと考えているけれど、
本当にそうなのか?
実は、自分以外の多くの人もまた友達を遊びに誘う事が苦手なのではないか?

遊びに誘う人よりも遊びに誘われる人のほうが圧倒的に多くて、
実は気づいてないだけで友達を遊びに誘える人間って、
実際の所かなり少数派なのではないか?

学生の頃は授業や部活やバイト先等で友達にいつでも会えたので、
遊びの予定は自然に生まれていった気がする。
でも、社会人になって圧倒的に友達に会う頻度が下がったことによって、
意識的に友達を誘わないと遊びのきっかけが生まれなくなっていた。
それどころか、誘わなければ誘わないだけ誘われなくなって、
結局それが原因で孤独のスパイラルに陥ってしまっているのではと。

どう考えてもやっぱり孤独は辛いし、
季節ごとに楽しいイベントは盛り沢山だし、
斜に構えなければ、やっぱり楽しいことをやりたいだけやって、
楽しい時間を出来れば友達と過ごせる様な人生の方がいいに決まってる。
そういう純粋に湧き出てしまう自分が望んでいる欲求を満たすのは、
大抵の場合自分一人で出来なく、つまり
「友達を誘う」
というアクションを自分から取らないとそもそも無理なのでは?

そんなことを考えていた。

自分も含めて殆どの人が遊びに誘われ待ち状態なのであれば、
自分から誘わないという事自体がメチャクチャ勿体無いのではないか?
案外誘ったらみんな
待ってました!
と言わんばかりにノリノリで受け入れてくれるのではないか?
むしろ、入れ食い状態なのではないか?
と、ちょっと拡大解釈気味に思いを馳せてみた。

結局断られたらどうしようとか、
自分なんかが誘ったら気持ち悪がられるんじゃないか
とか、勝手に自分が作ってる被害妄想だし、
そうやって自分が傷つかないための予防線をガチガチにかためてるだけで、
人を誘うというアクションを行わなければ誰も傷つくことは無いし、
1人だったとしても楽しい事は世の中いっぱいある、
むしろ人と会うの疲れるし〜
と、なんとなく現実逃避の言い訳を並べても、
自体が好転することは永遠にない。

その状態に慣れてしまうと、
自分が何をしたいとか、自分がどうなりたいとか、
そういう欲望みたいなものをどんどん考えられなくなり、
自分が空っぽになってしまうんじゃないかっていう強い危機感を覚えた。

そんな人生はやっぱり嫌だなぁってシンプルに思ったし、
自分の意思で自分の人生明るくしていきたいなってほんとに切実に感じた。
そう考えると、もっとやりたい事とか行きたい場所とかって、
普通にあるなって気づいたし、
ソレを実現するために、
周りの目線や気持ちとかを考えすぎても仕方がないじゃん。
自分の人生なんだから、周りも巻き込んで一番いい状態にしたほうが
一番幸せに慣れるに決まってるじゃん。
と、大分いい感じに自分に催眠をかけられた。

ちょっとずつ人を誘うことに対する勇気も湧いてきて、
なんだか少しこれからの毎日への楽しみが増えている。

久々なのに拗れまくった駄文を投稿してしまった。
寝る。
息子の小学校のお便りに
『発達障害って?』という見出しで自閉症・アスペルガー症候群・ADHD・LDの特徴例みたいなのと、発達障害の説明みたいなのが載ってました。
何て言えばいいのか、わからないけど私はとりあえず見た瞬間ムカつきました。
主人からは過剰反応だと言われたんだけど、何かスゴくそのプリントが嫌でした。

たぶん、『特徴・障害』が強調されてるだけで、すごく中途半端なかんじの説明だったのが気に入らなかったのか、対応の仕方とか一切書いてないのが引っかかったのか・・・ただでさえ、学校で教室にいけないというだけで陰口みたいなのを言われたり攻撃されてるのに、周りからまた攻撃をうける材料になるのかなって思ったからなのか、とにかく嫌な気持ちになるだけでした。

私にはお便りをだした意味がわからなくて、中途半端にしか伝えない情報なら伝えて欲しくなかったです。

スミマセン、むちゃくちゃな文で・・・
すごく、心がモヤモヤしてやりきれなくて投稿しました。
2歳の長男のこだわりにどこまで付き合えばいいのかわからず主人と2人イライラを募らせています。この土日は癇癪がひどく、怒ってばかりになってしまいました。少しでも本人の思った通りにならないと泣き叫んで暴れます。おむつを替える手順が少し違っただけで30分も泣きます。そして最初からやり直すまで泣き叫んでいます。下の子のお世話もあるし、全て望むようにはしてあげられません。どこまでやってあげればいいのか…やりすぎるのはよくないのか…。
最近笑ったこと。

バカリズムさんのライブ。

バカリズムさんに御礼言いたい。

ありがとう。楽しかったよ。
離婚した元夫が未診断でしたが、ADHDでした。

会社でのレポートの納期を忘れてしまう→お前が出かけようと誘ったから、納期に間に合わなくなった!とキレる。
田舎で車が必須だったけれど、3年の結婚生活で4回も人身事故を起こす→ドライバー職だったけれど、事故が多すぎ、倉庫整理に異動になる。
銀行のローンの手続きで、書類が一枚足りないとパニックを起こす→忘れたお前が悪いと、人前でキレる。
嗅覚過敏があったようで、洗濯物を何度洗いなおそうと、匂うと言い、洗い直しを求める。
倉庫整理になってもミスを連発→給与が下がっていく

最終的にDVに発展。

こんな感じでした。

一緒に暮らしていた当時は原因は分からなかったけど、明らかにおかしい行動があって、社会生活に差し支えが出ていたので、義妹が自閉スペクトラム症だったこともあり、義母と一緒に病院受診を必死に勧めました。

ですが、本人は「俺をキチガイ扱いするのか(不快に思った方がいらっしゃったら申し訳ありません。本人の言葉そのままです)」と受診を断固拒否。

結婚したのは大学を出て、新卒の時でした。
義弟や義母の話では、大学生活でもそういったミスが多く、単位を落としたり
パニックを起こすと暴れることがあったそうですが、大学は卒業できたので
なんとかなると思っていた そうです。

私がうつになってしまい、病院を受診したら「あなたがおかしいのではなく、旦那さんはたぶんADHDです。うまくいかないことのストレスから、DVに発展するケースはとても多い」と言われ、受診を拒否し続けるのであれば、離婚を勧められました。

離婚のときももめにもめて、裁判にまでなりましたが、裁判の最中も言動がおかしく
裁判所の人達が絶句するので(期日を忘れてこなかったり、親権欲しいはずなのに
『子供の扱い方が分からない。かわいいと思えない』と言ってしまったり)
メールで受診を勧めました。

離婚後は数か月で養育費の支払いが滞ったので、弁護士から連絡したところ
「裁判後に解放感から、新車を買ってしまい、1か月で事故を起こして
ローンだけが残り、経済的に困窮してる」とのことでした。

子供の父親だし、離婚もしたくなかったので、ADHDだと医師に言われたときは
障害特性などを調べて、転職や引っ越しも提案し、協力する旨も伝えましたが
ダメでしたね。

今は全く連絡していませんが、きちんと受診して、もっと楽に生きていてくれたらなと思いますし
やはり偏見が大きいんだなと感じました。

未診断の方で生きずらさを感じている方、勇気がいると思いますが、きちんと受診して
パートナーに話してみて欲しいです。
障害を理由に別れる道を選ばれてしまうかもしれませんが、私にように、工夫して一緒に生きていこうと思う相手もいるので。

パートナーや自分自身の発達で、凸凹が気になるところがある
独身なので子どもはいないけど…
自分が幼稚園の時のスモック、捨てられなくて取ってある。

絵が苦手な母親が書いてくれた、ドラえもん、パーマン、ノンタン。
当時の母、私より歳下なんだな。
すごい頑張ってくれたんだな。私には真似すらできてない。

そう思ったら、愛おしくて、ははにあいたくて、
手放すなんてできない。
多分棺桶まで持ってく。
おかしいかなー?笑
昔の子ども服は捨てずに保管している
ADHDの特徴として、変化を嫌う、というのがありますが、正に私はそれです。

気に入った服があると、そのシーズンはずっとそれを着てる。
気に入った曲があると、数ヶ月は1曲リピートで延々と同じ曲を聞き続ける。
気に入った食べ物があると、1ヶ月はメニューを変えない。
一度買ったバッグや靴は、ボロボロになっても使い続ける。
髪型は高校生からほぼ、変えてない。
部屋の模様替えなんか以ての外。配置を変えたらそれこそパニック。

一種の依存性。別の言葉で言えば、こだわりが強い。
変化を柔軟に受けとめられれば良いのでしょうが、それが出来ない。(頭がギューッとなる感じ)

だから「変わってる人」って言われるんだろうな、と最近気付きました。
長男は小3の3月に診断受けました。幼稚園の時から、育てにくさを感じ、園でもお友達とのトラブルが多く、お部屋へ入りましょうと言われてもお部屋へは入れないなど、気になる行動が多く保健センターへ相談にも通って居ましたが、知能が高かったこともあり、個性として見守りましょう、と言われるだけだった ので、何で今なんだ!という思いと、ああやっぱり、という妙な安心感がありました。小学校では先生から親の愛情不足と責められ続けて居たので、私の育て方が悪かったのではないという安心でもありました。
しかし、障害である以上治らないとか、この先この子の人生はどうなってしまうのか?と言った不安から、ひどく落ち込み、死にたいと思ったこともありました。涙が枯れるまで泣くっていうけど、いくら泣いても涙って枯れないんだな思う毎日でした。
でも、必死に本を読み漁り、サポートして下さる通級の先生やドクター、児童相談所の方に出会い、子供の理解と、親としての対応を学ぶうちに、今まで宇宙人かと思っていた息子の気持ちに寄り添う得るようになり、息子からも頼られていると感じることが自分にとっての何よりの喜びに変わりました。同じ親として共感できる通級のママ友が出来たこともすごく力になりました。辛い思いをした分、1人で苦しんでいるお母さんをほっておけない気持ちが強く、誰かのお役に立てるならと、通級教室親の会の役員になり、今では楽しく活動しています。
息子の目覚ましい成長に、人と比べない、去年のその子と比べての成長を見守る中に素晴らしい喜びがあり、将来も輝かしいものになると信じる力が湧いてきます。
子どもや自分が診断を受けたときどう思った?当時の気持ちや現在の変化を聞かせて
SimCityにダダハマり中。
気付いたら夜中2時なんてザラ。
ハマったら、抜け出せない。
先生には、思い切ってやめないと、少しずつってのはできないよ、と
断言されてる。

分かってる。分かってる。
やめなきゃ変わらない。変われない。うわーん
今週、好きなことにハマりすぎて周りの声が聞こえなくなる瞬間があった
最近は特に意味もなく、原因もなく、不安や気分の落ち込みがあり…食事がやっとな生活です
長男のことを可愛いと思えなくなってしまった。一緒にいるとただただしんどい。お母さんお母さんとまとわりついてくるのさえ煩わしく感じてしまう。そんな自分が悲しい。
正直、精神科で発達障害(アスペルガー)と診断された時はショックでした。親が、お前の態度がおかしいから発達障害じゃないかって言って、精神科に連れていかれたので。私がおかしいことが証明された気持ちでした。
子どもや自分が診断を受けたときどう思った?当時の気持ちや現在の変化を聞かせて
群馬で4人の子供を育てて居ます。中2長男はASD、6年生次男はADDの診断で、2人とも普通級在籍、服薬もしています。
【ようこそ発達ナビへ!】新しいユーザーさんからのコメントをご紹介!みんなで歓迎しよう♪
発達障害の特性について
僕の調べた情報が誰かの役に立つかなと思い、載せてみます。

長文です。
あと僕がメモアプリに書いてるものなので、文章もきれいでないです。疲れるだろうので、無理そうなら最後まで読まなくて大丈夫です。


一応本や論文からの情報などの確かな情報ですが、「発達障害の人=すべてあてはまる」ではないです。また断定でもありません。いろいろな特性があるねって感じで見てくれたら嬉しいです。
あと、「文→文」の矢印は前の文の補足や具体例や対策です


・過集中する。

・こだわりが強い。

・遺伝について。研究者もしっかりとしたデータを出せていない。30%ぐらいだが、これが遺伝か親子だから似ているのかどうかまでわからない。もし、子供に遺伝したら、その子の支援をしてくれる機関はたくさんある。

・発達障害の一般的に言われる得意なこと→事実を見る力、細部重視、発想力や他人と違う視点、知識豊富、関心が高いことへの集中力、数値や文字情報への適性、ルール遵守や反復行動。

・発達障害判断基準。①三つ組障害あるか→社会性の障害、コミュニュケーションの障害、想像性の障害。②こだわりや常同行動あるか、③感覚過敏、④小さな頃からずっとある。⑤生活に支障が出るほどの困りごとがある、社会生活が支援がなければうまくできない。⑥精神面や運動面の発達に問題がある。⑦できることとできないことの差が激しい。⑧WAISの結果。

・トラウマ体験には共感と丁寧に聞く。信頼関係築く、強引に聞かない、対応の非難やトラウマの軽視はダメ。

・障害で、感謝、謝罪、反省、共感をうまく他者に伝えるコミュニュケーションが苦手。

・対人不安や緊張により、親や恋人に依存してしまいがち。

・不注意優先型とは、自分が興味がないことに注意を向けるのが苦手。特定の物事や相手の言葉だけに注意を向けるのが苦手。

・見通しがつかない、不安が多いことから、情緒不安定になりやすい。高揚する気持ちを抑えられない。反対に情緒障害なら対応の工夫と環境整備と薬物治療。

・ADHDとアスペルガーでは支援の仕方違う。

・ADHDとは、脳生理学的には神経の覚醒レベルが低い状態としている。

・ADHDはセロトニン減少により、衝動、欲求のコントロール機能が大幅に低下している。

・ADHDは、思い浮かべて考えること、話す必要のないことは話すことや言葉で考えること、気分や覚醒状態の制御こと、行動を分析して新しい行動を作り出すことが苦手。→すぐ忘れる、思い浮かべて喋ることができない、言葉で考えて行動できない、興奮しやすかったりしっかり目覚めて居なければならないときに眠くなる、やる気が続かない、失敗して反省したつもりでも同じこと繰り返す、自己中心性がたかい。

・ADHD不注意優先型は、静かな人や女性に多い。仕事面でかなり苦労する。他は多動/衝動性優先型と混合型がある。ちょっとしたストレスやフラストレーションで落ち込むくよくよするやる気をなくす傾向がある。

・落ち着いた状況下では、理解することができることもたまにある。理解されない環境に居続けると、不安、過敏、こだわりなどの情緒障害を強め、一層社会適応が困難になっていく。

・医師として、傾向がある、軽度だがある、グレーゾーンなどと一応程度によって言い方がある。さらに診断名の細かい区分はあまり気にしないほうがいい→医師によって違う、並存してる、全ての特性はあてはまらない、年齢や環境により変化するものだから。

・自閉とは、医学的な意味では、自分目線と言う意味。だからこそこだわりや限定した社会性がある。

・不眠に悩んでいる人は発達障害者で多い。コンサータの副作用にも寝にくくなるがある。

・コンサータが切れると一気に体力がなくなる、眠くなる。切れているときの方がへこんだ時のへこみ度は格段にひどい。→コンサータやストラテラは気分のムラもなくしてくれているから。

・自信がない人が多い。

・発達障害の人の中には攻撃的な人もいる。

・コミュニケーション力は、発達障害の人の中でもできる人とできない人の差はかなりある。

・関係を維持するソーシャルスキルが弱い。

・責任感ない、他にもあらゆる面において頼りない。という特性ある。

・経済的な貢献でしか自己価値を見出せない発達障害のひとは半数以上。論理的実用的な行動しか評価しない。

・コミュニケーションの70%が非言語的なもの(目線、表情、状況から考える)。

・相手を理解したい思いが強い人が多い。でもできずストレスに。

・共感する力ない。

・診断後、どこも誰も積極的にケアしてくれないのが悪い。

・子供ながらに定型発達として違う感覚を持ちながら、変な人と思われないように努力していた。だから大人になるまで発達障害だと気づかない人が多い。

・発達障害の人は、社会で定型発達の人と同じような生き方を強いられている。

・説明されていないことやちょうどいい言葉がないときに、新しい言葉を自分で考えうまく説明するのが苦手。

見え方の違い→①木を見たら、まず目の前の葉っぱに注目。②次の葉っぱ③枝④幹⑤木だとやっとわかる。細部に集中する。定型発達の人は、一目見ただけで木だとわかる。

・ミラーニューロンの働きが非常に弱い。ミラーニューロンとは、相手の動きを頭の中で真似る働き。これにより、相手の行動や考えを理解できる。共感できる。

・側頭葉に障害ある→見たものの動きを解釈する部分。表情を見て相手の感情を読み取るとか。

・脳については、脳画像検査で調べられる。

・前頭葉の44分野が小さい→小さいほど社会性の障害が大きい。

・動的なものの(動きがあるもの)把握が苦手。側頭葉の脳溝の機能が弱い。色や形を認識する静的なものを把握する力はかなり高い。

・前頭葉の酸素消費量は、実験をしてみると定型発達の人は時間が進むにつれて酸素消費量はふえていく。発達の人は常に前頭葉フル回転。脳の使い方が違う。

・オキシトシンが自閉症スペクトラムの共通要因。この遺伝子を特定することで、治療につながる可能性あり。オキシトシンとは、愛着、社会性、協調性に深く関わる信頼ホルモン。

・親への愛着に由来する行動が乏しい。通常は無条件に親を信頼してる。オキシトシンの代謝やオキシトシン受容体の働きが弱いのでは?

・相手の会話を引き立す質問をするようにする。イエスとノーで答えられるものではない質問。

・記憶力がない。

・発達障害の人によって、症状の出方、大きさは違う。→その人にあった個人個人の対策や支援がいる。

・客観的な数値や社会的ステータスで評価する。高いか低いかどっちか。低い時はずっと劣等感抱える。人の大切さも数値で測る。

・自分がよく知らない問題を何の情報もなく突然相談されることに不満を感じる。→相手の視点で物事を考えるのが苦手だから。

・他の人の要求に振り回されるのが苦手。→発達障害の人がうまくいくのは、全て把握しコントロールができているから。

・どんな小さな相談や意見も自分が上手にやれていないと受け取ってしまう。要求は否定的な評価や非難に受け取る。内容ではなく、問題提起自体が不満があったり詰め寄られていると感じる。

・人との関係性が変わっていくのがわからない。親と子供→恋人→夫婦。と変わって行く。夫や父親という自覚がもてない。

・未来という概念がなく、今しか信じない。わからないことがおきるのは不安だから。

・喜ばせたいとするが、うまくいかない。その人との関係性や立場からかんがえることができないから。

・行動だけでなく、気持ちも一つのことにしか集中できない。

・今までの経験で自分なりに考えて生きてきた。変化も嫌う。だから余計に間違っていたのを修正させるのは難しい。

・発達障害の人は常に怯えている。嫌われたくないのにどうしていいかわからないから。

・頑固、キレる人が多い。

・仕事が長続きしない人多い。

・人の感情や都合より決められた自分のやり方、スケジュールを優先。

・言われたこと以外しない人多い。

・無理強いされると余計にできなくなる。

・何を考えているかわからない人と思われがち。

・無駄なことはしたくない。

・繊細。自分自身の感覚にばかり集中してしまう。被害者意識が強い。

・ 不器用なのは、筋肉や関節からの感覚情報が脳に伝わりにくいからコントロールできないから。

・やり方を変えようとは思わない。

・粘り強さはあるが、スピードはない。

・いくら努力しても苦手なタイプは得意にならないもの。そのストレスは健常者より強い。

・追い詰められるととんでもないことをしてしまう。頭でわかっていても、ついやってしまう。

・会話がうまくできない人多い。→情報を適切に選択できないため・言葉の意味が限定的のため・会話全体の流れから類推できないため。説明を飛ばした会話になることもある。会話のスピードについていけない。

・人に話しかけて何かしらの失敗をし苦しみ、その後殻に閉じ困ってしまう人が多い。

・ジェスチャー苦手。行間読むのが苦手。

・無表情、幸せを感じにくい人が多い。

・大声を怖がる、長々と説明を聞くのも苦手、一対多数は上手く話せない、みんなと笑ったり騒いだりするのが苦手。

・自分がうまくできないことや短所を過大評価、自分ができることを過小評価。皿洗いをすごくはやくできても、こんなことは誰でもできると言う。

・常識がわからない。説明されても理解できない。

・自己分析苦手。

・妥協苦手。白か黒の考え方をする。

・正義感、使命感、忠誠心、規律への志向強い。

・想像力のズレ。他者の視点で自分の言動を客観視するのが苦手。例えば、駅で縄跳びをしたら、周りの人がどう思うか自分自身で考えるとか。

・人に尋ねるという発想を忘れがち。
・人がいい人が多い。面倒見が良く人に好かれる。正直すぎる。差別しない。

・気分が上がるのも下がるのも突然でその幅も大きく、下がった時の回復に時間がかかる。

・経験したことないことを想像できない。例えば、「骨折したことない→骨折するとこんなことが大変だ」とか「自分が嫌じゃないことなら、相手が同じことを言われた時なぜ傷つくかわからない」。

・計画的にお金を使ったり貯金が苦手。

・すべてではなく、完璧にしないと気が済まない時がある。

・簡単な作業ほどミスをする。

・長期プロジェクトができない。

・他人と比較して自分がどれほどうまくできているかで自分を評価する。

・すべて公平であるべきだという信念。

・証拠もないのに、他者が当人を否定的に捉えており状況が悪化するだろうと推論しがち。