「いじめ」の検索結果

当事者の子ども自身に読んでほしい本から支援の手だてまで。ちょっとしんどい毎日に、ヒントをくれる本
【2019年6月の新刊紹介】今月は、当事者の子どもが読める当事者目線の本や、心理発達相談に携わる方に向けた専門書など、「ちょっとしんどい」と感じている子どもや家族、その支援者に読んでほしい本をご紹介します。ま...
公開日:2019/06/07
小学5年の娘、進路はどうする!?通級・支援学級・支援学校…公立でぴったりの学級はある?【わが家の進路選択 Vol.2】
発達障害のある娘が小学5年生の秋から、この先の進路の選択肢を知るためにと、さまざまな学校を見学するようになりました。 今回は、小学5年~6年生のころに見学した公立中学の特別支援学級や通級のこと、教育相談で知...
公開日:2019/05/09
苦しかった「カメラアイ」特性――大人になった娘が模索する、特性とのつきあい方
もうすぐ20才になる発達障害の娘。その凸凹特性ゆえ、悩みもいろいろとあります。見たものをあっという間に覚え、そして忘れることのない「カメラアイ」も、娘が持つ特性のひとつであり、長年苦しめられてきました。
公開日:2019/04/08
女性の発達障害、場面緘黙など、成長とともに変化する「寄り添い方のヒント」が見つかる4冊を紹介
【1月の新刊紹介】どの発達障害においても、心身の変化、環境の変化など成長段階によって困りごとが変わってくることもあります。そんなとき、本人の助けになったり、親や支援者など周囲の人が寄り添うためのヒントをもらえ...
公開日:2019/01/17
PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説
PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考え方が否定的になったりと、日常生活を送る上で支障が出るといわれています...
公開日:2018/12/09
「普通」を望む親心は条件付きの愛だったー自閉症児の親子を取材して、小児科医が願うこと
私は千葉で小児クリニックを開いている開業医です。診療の合間にささやかながら執筆活動をしています。私はこれまでに、先天性染色体異常によって短命という運命にある障害児の記録や、自宅で人工呼吸器を付けている子の記録...
公開日:2018/11/09
イベント「ADHDの子どもの自立に向けて─家族と地域、そして医療連携のあり方は」をレポート!
発達障害を専門とする小児科医の鈴木直光先生(筑波こどものこころクリニック院長)と発達障害のある4人のお子さんのお母さんである堀内祐子さん、堀内祐子さんの次男・堀内拓人さんをゲストに招いた講演・座談会が2018...
公開日:2018/10/12
話題の本『学校に行きたくない君へ』。横尾忠則さん、樹木希林さんら著名人への体当たり取材の裏側、込めた想い。不登校新聞編集長に聞いた
不登校・引きこもりの当事者の声を大切にする日本で唯一の不登校専門紙「不登校新聞」。その「不登校新聞」を発行するNPO法人全国不登校新聞社が編集した『学校に行きたくない君へ』(ポプラ社刊)が出版されました。この...
公開日:2018/09/27
発達障害がある小学生の特徴って?チェックポイントや起こりやすいトラブル、関わり方を分かりやすく紹介します!
発達障害特性が目立ってくる時期は、障害のタイプによっても異なります。幼児期までは目立ちにくかった落ち着きのなさや忘れ物の多さ、学習面での凸凹などは、小学生になると指摘されることが多くなります。また、集団生活に...
公開日:2018/09/18
子どもの心に寄り添うヒントをくれる5冊!不登校当事者の体当たりインタビューやコミュニケーションを助けるアイテムに学ぶ!
【9月の新刊紹介】会話がうまくいかない、学校に行きたくない...もしかしたら、言葉や表現できない思いが子どもの中にあるかもしれません。そんな子どものサポートや自分を見つめるきっかけをくれる本が発売。さらに、障...
公開日:2018/09/12
小学5年男子、ストラテラ服用中、ADHDとスペクトラム、LD
疑いありです。小学入学後から、イジメや、からかいに合い、プチ不登校や行きしぶりながら、各年度の後半から持ち直し、次の学年に進級するのを繰り返して来ました。今回の担任とは4年から多少接点があり安心感があったのか...
投稿日:2019/05/20
6歳なりたてのASD女の子です
就学相談が近づいてきました。先週、今年度の発達テストを受けて、まだ結果は出ていないのですが、なんらかの支援を受ける形での就学になりそうです。去年までのテスト結果と、日頃の様子から、幼稚園の先生や主治医からは、...
投稿日:2019/05/20
複視がある息子は診断書で学校では真ん中の一番前の席が望ましい
とあり、食物アレルギーもあることからその席にしてもらっていますが他に真ん中一番前を希望する子達もいて、理由をいっても「言い訳」と言われるテストも見にくいなら拡大コピーしてもらえると伝えても周りに何を言われたく...
投稿日:2019/05/06
小学5年の男子です
ASD(アスペルガー)とAD(注意欠如)があり、暗記と計算、漢字は得意ですが、文章問題や応用問題は苦手で、見直しも嫌いなタイプです。中学進学について、小学校の先生はみな私立の進学校を進めてきます。でも集団生活...
投稿日:2019/05/05
役所の発達相談を利用していて未診断の幼稚園の年少の息子の母で
す。息子が幼稚園で何をしていたか毎日きいているのですがある日「きょうはA君と遊んだ~」とクラスにいない子の名前を言いました。A君は幼稚園入園前に利用していた保育園で仲良くしていたお友達の名前で他の幼稚園に入園...
投稿日:2019/05/05
思わず泣いてしまった…何で、泣くのか自分でも分かりません。過
去のいじめもあるけど去年は特にいろいろありすぎて心も体も同時に壊れていく感覚でズタボロの状態相談できる相手がいないし相談に乗るのが下手でどうやって接すればいいのか分からない時もあります…。バイト先はみんないい...
投稿日:2019/04/21
小6ASD息子がいます
先を思うと気持ちが沈みます。愚痴ですみません。診断は小3冬でしたが、幼児期より兆候はありました。診断もなく(むしろ医者に病気にしたいの?と怒られ)療育もなかったので、その都度できることをその場で対応してきまし...
投稿日:2019/04/13
はじめまして
春から高校三年生の女子です。悩んでることが沢山あってごちゃごちゃしてるので、長文になりますが吐き出させていただきます。この場を使うのは初めてなので至らぬ点があると思いますがご容赦ください。私はASDやHSPの...
投稿日:2019/04/07
はじめまして^^今度中三になる息子がいます
中三から知的な方の支援学級に通うことが決まっています。勉強があまりにも出来ず学校に相談して学習障害、不注意欠如で境界線知能だと診断されました。今までもいろいろと小学校入学前や学校の先生には相談していたのですが...
投稿日:2019/03/27
小3の娘はおそらくHSCの特性があると思います
その特性にひとつに挙げられる「ショックを引きずりやすい」部分で悩んでいます。来年度、クラス替えがあるのですが小2の時にいじめられた子と同じクラスになってしまうのでは、という先取り不安で不眠や腹痛、家にいるとき...
投稿日:2019/03/08