勝手に食べ物を出して食べてしまう 72c0c626d3648043161444a176c5384927612025 l

買っておいた食材やお菓子をお子さんが知らない間に食べるので間食が多くなってしまう……なんてことはありませんか?ダメって分かってるけど衝動的に食べてしまう、満腹感があまりなく、すぐおなかが減ってしまう、何故食べてはいけないのか分かっていない、など背景は様々です。子どもが守れるようにルールを決めて、そのお困りを解決しましょう。

2138 view

お子さんの取りやすいところにあらかじめお子さんの食べていいものを置いておくことで、食べていいものと勝手に食べてはいけないものの区別がつくようにします。「勝手に食べてはいけません!」と禁止されるのではなく、「ここに置いてあるものならOK」とお子さんにとっての自由があることでメリハリをつけやすくなります。
Check icon ルール・準備物
小さいかご、タッパーなど
「食べてもよいもの」をお子さんがわかるように取り分けて保管しておきましょう
「食べても良いもの」「ダメなもの」の区別がつかないのかな…そんなときはの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
冷蔵庫に入るサイズのタッパーやかごを用意します。

「食べてもいい」や「○○くんのおやつ」と書いた紙などを貼って、お子さんの手の届く場所に置きます。

文字が読めない場合は○×で示したり、お子さんのすきなキャラクターを貼っておくなどでも良いでしょう。
お子さんが自由に食べてもいいものをタッパーの中に入れます お子さんにも、タッパーの中に入っているものは自由に食べていいけれど、他のものはダメだということを伝えましょう。
「食べても良いもの」「ダメなもの」の区別がつかないのかな…そんなときはの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
初めは、「おやつを取っておいで」と声をかけて、子どもにタッパーからおやつを取り出してもらう機会をつくり、ルールをイメージできる経験を積めると良いでしょう。
One point icon ワンポイント
冷蔵庫だけでなく、常温保存のお菓子なども同様にしてたべていいものと勝手にたべてはいけないものを分けることができます。また、お子さんの目に入るとどうしても食べたくなってしまうものなどは、手の届かない所や見えないところに隠しておくという工夫も必要です。
Tedate icon ほかの工夫
Kansyu icon 監修者
5a9f9be3a4c4f2b420bb57b06f1121b9c3f754e5 s
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 所長 (アドバイザー)
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
『身辺自立』TOPへ戻る >