大声や奇声を出してしまう

大声を出す理由は様々です。
単に大きさの調節が難しい場合もあれば、何かを要求している場合もあります。
やりたくないことがある、自分に注目してほしいなど、それぞれの理由によって対応を変えてみましょう。

16743 view

声の大きさの段階を見てわかるようにします。

声の大きさが表現さられたイラストカードを使って、大人が実際にお子さんと一緒に声を出しながら、声量の感覚をつかみましょう。
1 声の大きさカードを作りましょう
声の大きさを「このくらい」と言っても伝わっていないのかな?と思ったときはの画像1 クリックすると別画面で開いて拡大できます
1,2,3と数字で表現しても良いですし、動物の大きさなどで表現するのも良いでしょう。

お子さんにとって、わかりやすい表現にしましょう。
声の大きさを「このくらい」と言っても伝わっていないのかな?と思ったときはの画像2 クリックすると別画面で開いて拡大できます
2 カードを見ながら、3段階の声をだしてみましょう
声の大きさを「このくらい」と言っても伝わっていないのかな?と思ったときはの画像3 クリックすると別画面で開いて拡大できます
それぞれの声の大きさが、どれくらいなのか実際に声を出しながら確かめましょう。 3 場面に合わせた声の大きさを伝えてあげましょう
声の大きさを「このくらい」と言っても伝わっていないのかな?と思ったときはの画像4 クリックすると別画面で開いて拡大できます
「話すときの声はうさぎさんの声がちょうどいいね」
「電車の中はねずみさんの声でお話しようね」など、
場所によってどの声で話せばいいかを伝えましょう。

携帯のカメラフォルダに入れて、外出先でも見れるようにしておくのも良いでしょう。
4 ちょうどいい大きさの声で話せたときは、たくさん褒めてあげましょう!
ほかの工夫
監修者
井上 雅彦 先生
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 公認心理師 専門行動療法士 自閉症支援士エキスパート LITALICO研究所 客員研究員
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
『発語・会話』TOPへ戻る >