「多様性」の検索結果

水慣れから泳法まで、安全で楽しい水泳の教え方が写真でわかる!感覚の特性や伝わりやすさにも配慮した支援のコツが満載の『発達が気になる子への水泳の教え方』
「水の中で気持ちよく過ごしたい」「泳ぐことを楽しんでみたい」しかし、障害があるためにやり方がわからない、水への恐怖心や練習できる環境がないなど、課題が多いのが現実です。「発達が気になる子への水泳の教え方」(合...
公開日:2020/07/17
「感覚過敏マークを広めたい!」感覚過敏に悩む中学生社長がクラファンスタート!当事者・保護者の声を集めて製作。みんなが知る・話すきっかけへ――思いを語る  
感覚過敏で学校生活や日常生活に居心地の悪さや居場所のなさを感じていた中学生が、感覚過敏の人が暮らしやすい社会を目指して「感覚過敏研究所」を立ち上げました。過敏さを表現する方法として過敏キャラクターを作成し、キ...
公開日:2020/04/10
支え合える場を探すヒントに。参加者と運営者の声から知る、自助会の役割と可能性――『発達障害者の当事者活動・自助グループの「いま」と「これから」』
発達障害への理解や支援体制の整備が広がってきている現在にあっても、当事者活動・自助グループは多くの人に必要とされています。この本では、当事者活動・自助グループの活動内容、参加者の声がまとめられているほか、支援...
公開日:2020/04/10
言語聴覚士が贈る「保育園・幼稚園のちょっと気になる子」ーー子どもの安心を増やす関わりが、保育者・保護者も幸せにする。中川信子先生著
みんなと同じ行動ができなかったり、場面の切り替えがうまくいかなかったり。保育園や幼稚園にいる、ちょっと気になる行動をする子どもたち。療育に通わせるほどではないけれど、保育者も保護者も、そして誰より子ども自身が...
公開日:2020/03/31
4月2日は世界自閉症啓発デー!青いものを身につけて「Warm Blueキャンペーン」に参加しよう
4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。この日には、NY、パリ、ロンドン、そして東京など、世界中のさまざまな街やランドマークがテーマカラーのブルーに染まり、自閉症をよく知ってもらうためのいろいろな...
公開日:2020/03/30
上がる法定雇用率と低いままの理解度。「僕はダメ人間」自己否定し転職を繰り返す発達障害の青年を見て感じたこと
以前、発達障害がある人の就労について取り上げたテレビ番組がありました。そこに映し出されたのは、「とりあえず、これやっておいて」「適当に並べておいて」と上司に指示されて、戸惑う青年の姿でした。この青年は、親はも...
公開日:2020/02/17
[開催中止]田中康雄先生・阿部利彦先生特別講演や、算数・トリセツなど楽しいワークショップも!3/8(日)開催「LITALICO発達ナビまなびフェスタ2020」
3/8(日)に東京都大田区で開催する「LITALICO発達ナビまなびフェスタ2020」。いよいよ本日12:00、申し込み受付を開始しました!全プログラム無料・プログラムごとに先着順の事前予約制です。たくさんの...
公開日:2020/02/14
無駄は許されない?「苦難を糧に」を強いた日々を脱して。障害は人と社会の間にあるのだから――私が発信し続ける理由
随筆『人生は不可能性の発見』との出会いにより、「失敗やできないことは悪ではない」という視点を持つことができた私だが、「できないことが多過ぎる」自分自身を、すぐに受け入れられたわけではない。生きづらさを抱えた多...
公開日:2020/02/10
[開催中止]「LITALICO発達ナビ まなびフェスタ2020」専門家の講演や体験型ブースなど盛りだくさん
2020年1月で4周年を迎えるLITALICO発達ナビは、15万人を超える会員さまにご利用いただけるサイトに成長しました。昨年ご好評いただいた「LITALICO発達ナビ子育てフェスタ2019」に続き、今年もユ...
公開日:2020/01/23
充実の鑑賞サポートで誰もが楽しめるミュージカルが来日!自閉症について学ぶセミナーやDVD情報も!幅広くお届け
今月のニュースでは、自閉症の人に関わる人たちに向けたセミナーや学習用DVDの情報をお届けします。また、障害当事者による劇団の本格ミュージカル公演の情報も。鑑賞サポートなど、発達障害の人に向けた配慮もあります。...
公開日:2019/12/25