小5発達障害娘と定型発達の弟、悩んでいたきょうだい児問題は…親の予想を超えた展開に!?

2021/09/22 更新
小5発達障害娘と定型発達の弟、悩んでいたきょうだい児問題は…親の予想を超えた展開に!?のタイトル画像

小学5年生の娘(広汎性発達障害)と、4歳の息子(定型発達)。今まで、いろんな姉弟関係を経てきましたが、ここ最近の二人の関係は、とても落ち着いたものになりました。

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
19993 View
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

頭を抱える日々もあったけど…

現在、小学5年生になる娘(広汎性発達障害)と、4歳の息子(定型発達)。
息子が生まれてから、そのきょうだい関係は、変化を続けてきました。
息子が産まれた当初、感覚過敏な娘は赤ちゃんの泣き声に過剰に反応していたので、私自身もなんとか両方を落ち着かせようと気を遣い過ぎてヘロヘロになる生活を送り…
娘と息子を落ち着かせようと気を遣い過ぎてヘロヘロになる生活
Upload By SAKURA
そして、泣き声問題が解決するぐらいに息子が大きくなると、今度はきょうだい喧嘩が多発。
息子が小さいうちは、力も言葉も娘が上だったので、娘の思いを優先させてあげることもできたのですが…
息子が小さいうちは、娘の思いを優先させてあげることもできたのですが…
Upload By SAKURA
息子の言葉の成長は驚異的な追い上げをみせ、なかなか言葉で気持ちを伝えられない娘が、息子に一方的に言われてしまう回数も増えていきました。
姉が弟に一方的に言われてしまう回数も増えていきました
Upload By SAKURA

息子には、娘のことをちゃんと理解してほしかった。

私たちは、息子に「お姉ちゃんは、おしゃべりが苦手」だということを、ちゃんと理解してほしいと思っていました。
弟に姉のことを理解してほしくて、息子にしっかり伝えなければと思う母
Upload By SAKURA
言葉が出てこないことを責めたりせず、姉の得意な部分をしっかり見て、姉のことを好きでいてほしい…。私たちの言葉一つひとつが、息子の耳に入り、価値観をつくる…。どこか緊張感のようなものが、ありました。

いつの間にか、二人でコミュニケーションが成立するように…。

そんな心配をしていた私でしたが、最近の二人は、ここへきてきょうだい関係が落ち着いたものになってきました。

共通のゲームにハマったことで、二人でゲームの話題で盛り上がることも、しょっちゅう。アイテムや効果の話をするときは、二人だけで、しゃべりっぱなし。内容を理解できない私は、そこにいても完全に孤立することが多くなりました。
共通のゲームにハマったことで、二人だけでしゃべりっぱなし
Upload By SAKURA
二人だけがわかる共通の話で腹を抱えて笑い合ったり、攻略本を見た娘が、息子に新しい知識を教えたり。YouTubeで、新しいやり方を知った息子が、娘にやり方を教えたり…。

その関係はどちらかが、どちらかの世話をするというものではなく、協力体制のようなものになりました。
どちらかの世話をする関係性ではなく、協力体制のようなものに
Upload By SAKURA
息子が、娘に対して頼ることも上手になり、トイレについてきてほしいとお願いしたり、娘が、息子に対して自分が難しいことのお手伝いを頼んだり…。

お互いの得意な部分を、褒めたたえることも増えました。

親として、考えすぎていたのかもしれない。

最近の二人を見ていると、発達障害があるからとか…定型発達だからとか…私は考えすぎていたのかもしれないと思うようになりました。

今の年齢では、娘も息子も、お互いをそういう障害のありなしで見てはいないと思いますし、息子にとっての姉は娘だけなので、ほかと比べようもありません。喧嘩をして、仲直りをして、一緒に遊んで、笑って、一緒に怒られて、一緒に褒められて、そんな日々を当たり前に過ごして、私がハラハラしなくても二人だけでいい関係を築いていったのかな~と思います。
二人のことが大好きだと伝え、困ったときに手を差し伸べていきたい
Upload By SAKURA
私たちが子どもたちに対してできることは、二人のことが大好きだということを伝え、それぞれが困ったときに手を差し伸べる…そういうことなのかもしれません。

お知らせ。

いつも、私のコラムを読んでくださり、ありがとうございます。私事ではございますが、少しお休みをいただきたいと思います。ゆっくり休んだら、また、あーさんやきーさんの話や、家族の話を書いていきたいと思ってます。そのときは、またよろしくお願いします。

執筆/SAKURA
(監修:井上先生より)
対人関係やコミュニケーションに困難をもつ自閉症のあるお子さんの場合、きょうだいとの関わりやコミュニケーションは大きな成長の糧になると思います。年齢が上か下かなどによって、きょうだい自身の悩みも異なると思いますが、きょうだいの年齢にあわせた理解や接し方を教えていくこと、SAKURAさんのようにきょうだいが平等に愛情を感じられるよう分け隔てなく愛情を注いでいくことはとても大事なことだと思います。

このコラムをかいた人の著書

うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
発達障害の娘と弟の関係は?弟イヤイヤ×娘パニックの時期を越えたら、大きな変化があって…!? のタイトル画像

関連記事

発達障害の娘と弟の関係は?弟イヤイヤ×娘パニックの時期を越えたら、大きな変化があって…!?

発達障害小4娘のパニック時に見えた、きょうだい関係の変化。喧嘩の時は一歩も引かない3歳息子が状況を察知して…のタイトル画像

関連記事

発達障害小4娘のパニック時に見えた、きょうだい関係の変化。喧嘩の時は一歩も引かない3歳息子が状況を察知して…

かみ合わない?イライラ爆発…ケンカ多発の姉弟の会話だけど、大切にしたい理由のタイトル画像

関連記事

かみ合わない?イライラ爆発…ケンカ多発の姉弟の会話だけど、大切にしたい理由

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。