「発達障害かも(未診断)」の検索結果 (1ページ目)

先生は「学校へおいで」と追い詰めなかった——約1年半不登校だった息子が、復学するまで
小学校入学以来、何度となく登校渋りを繰り返し、小学2年生の秋から不登校になった息子。4年生になった今、結論から言うと、普通に登校している。そこに至るまでに何があったのか、何回かに分けて書きたいと思う。
公開日:2019/06/25
学校の先生は、ADHD息子と母のサポーター!よい関係を築くため、母が心がけたコトとは…?
息子リュウ太がADHDと広汎性発達障害の診断を受ける前から、学校の先生は特性に対して丁寧にサポートをしてくれていました。母である私に対しても、こまめに学校での様子を知らせてくれたり、診断を受けるきっかけをくれ...
公開日:2019/06/24
発達障害の娘が求めたのは「居場所」。中学時代、通常学級と特別支援学級で揺れた娘がたどり着いた、高校選びの基準【わが家の進路選択 Vol.5】
中学1年のときに、通信・単位制、専修学校、特別支援学校などさまざまなタイプの高校を見学した娘。その中で、本人、家族ともに気に入った学校も見つかり、私は娘の志望校はこのまますんなり決まるのかも、と思っていました...
公開日:2019/06/20
【千葉県・大阪府】いま空きがある放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をピックアップ!
全国の支援施設を検索できる、発達ナビの「施設情報」コーナーではWEB上からお問い合わせが可能な掲載施設数がどんどん増えています!支援内容やスタッフの様子、設備などを見ることができるので、お住まいの地域の気にな...
公開日:2019/06/14
ディスレクシア支援、当事者が参加する催し、プログラミング教室などイベントがずらり――新しい発見や学びにでかけよう
【6月の発達障害ニュース】ゴールデンウィークの大型連休から日常生活に戻り、少しずつ生活が落ち着き始める時期でしょうか。 雨の季節は、調子が出なかったり、出かけづらい…と感じる人もいるかもしれません。でも、梅...
公開日:2019/06/13
当事者の子ども自身に読んでほしい本から支援の手だてまで。ちょっとしんどい毎日に、ヒントをくれる本
【2019年6月の新刊紹介】今月は、当事者の子どもが読める当事者目線の本や、心理発達相談に携わる方に向けた専門書など、「ちょっとしんどい」と感じている子どもや家族、その支援者に読んでほしい本をご紹介します。ま...
公開日:2019/06/07
発達障害の娘、高校はどこへ?「単位制・専修学校・特別支援学校」意外にも多かった選択肢【わが家の進路選択 Vol.4】
地元の公立中学の通常学級を選択した娘は、初めての中学校生活に戸惑いつつも転校する前の友達にも再会し、中学生活をそれなりに満喫中。一方、母は発達障害の娘に合いそうな高校探しに勤しむのでした。
公開日:2019/06/06
ADHDのむっくんの原動力は大好きな「図鑑」。意外な成長に、母もうれしい驚きで…!
宇宙が大好きなむっくんの愛読書は図鑑です。むっくんにとって図鑑は知識を得るだけのモノではありません!できることを増やし、世界を広げ、リラックス効果もあり、頑張る時のパワーの源にもなる優れもの!今回はむっくんと...
公開日:2019/06/06
その気持ちにフタをしないーー「自分しか見ない日記」は最高のカウンセラー
障害がある子どもの子育てでは、大変なことも、凹むことも、壁にぶち当たることも…たくさんあると思います。そんなとき、SNSで気持ちをシェアする方法もありますが、ときには心無いコメントをもらって凹んでしまうことも...
公開日:2019/06/05
発達が気になる子どもと家族の、住まいづくり・住まい選びのポイントは?【Vol.1】
家は本来、一番安心して過ごせる場所となるはずですが、発達が気になる子どもとその家族にとっては、一般的な家屋やマンションでは、落ち着いて過ごせないことも…。 でも、照明や間取り、建具や床・壁など、特性に合わせた...
公開日:2019/06/04