コラムのランキング

「発達障害のこと」の1週間の人気記事ランキング

「発達障害」というメガネを外して。医師である私が、診断名をつけることより大事にしていることーー精神科医・田中康雄先生のタイトル画像 1位

1

「発達障害」というメガネを外して。医師である私が、診断名をつけることより大事にしていることーー精神科医・田中康雄先生

精神科医の田中康雄です。僕は、札幌市のクリニック「こころとそだちのクリニックむすびめ」で、「発達障害」が疑われて受診されるお子さんとその親御さんに出会います。 僕が日々お子さんや親御さんと向き合う中で、大切にしている...

24005 view
公開日:2019/12/04
【ADHD(注意欠如・多動性障害)】0歳から成人期まで、年齢別の特徴や症状の現れ方を解説しますのタイトル画像 2位

2

【ADHD(注意欠如・多動性障害)】0歳から成人期まで、年齢別の特徴や症状の現れ方を解説します

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。子どもの20人に1人、成人の40人に1人にADHDが生じるといわれますが、周りに理解されづらく、仕事や学業、日常のコミュニケーションに支障をき...

14234 view
公開日:2019/11/29
【障害年金申請への道】発達障害の娘、もうすぐ成人!で準備を開始。説明を受けるも「?」がいっぱい...!?【Vol.1】のタイトル画像 3位

3

【障害年金申請への道】発達障害の娘、もうすぐ成人!で準備を開始。説明を受けるも「?」がいっぱい...!?【Vol.1】

自閉症の娘が20歳になったとき、我が家は障害年金受給の申請をしました。一連の手続きを通じて私が感じたことや気付いたことを数回にわたってご紹介します!

11515 view
公開日:2019/12/06
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像 4位

4

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

大声で泣き叫んだり、暴れたりする子どもに困っている…。一旦気持ちが爆発するとなかなか収まらない癇癪ですが、子どもが癇癪を起こす背景には必ず理由があります。普段の...

1334078 view
公開日:2018/12/07
「発達障害は理解されなくて当たり前」じゃない!?不登校を続ける息子の学校からの提案で、気づいたことのタイトル画像 5位

5

「発達障害は理解されなくて当たり前」じゃない!?不登校を続ける息子の学校からの提案で、気づいたこと

不登校を続ける息子の学校から、気が重い連絡があった。私たち親子の気持ちとは永遠に交わらない、面談への呼び出しだ。でも今年の面談は、様子が少し違った。 そして私...

40012 view
公開日:2018/07/06
わが子の行動が「不可解」にうつるとき、その背景を見つめて――精神科医・田中康雄先生の新刊『「発達障害」だけで子どもを見ないで その子の「不可解」を理解する』のタイトル画像 6位

6

わが子の行動が「不可解」にうつるとき、その背景を見つめて――精神科医・田中康雄先生の新刊『「発達障害」だけで子どもを見ないで その子の「不可解」を理解する』

子どもの発達障害というと、「診断はされたのか」といったことがクローズアップされがちですが、本来大事なことは、診断のあるなしではなく、子どもの思いや行動を理解する...

12837 view
公開日:2019/11/28
回避性パーソナリティ障害とは?「傷つかないよう避けてしまう」症状や治療法、克服するための方法を解説のタイトル画像 7位

7

回避性パーソナリティ障害とは?「傷つかないよう避けてしまう」症状や治療法、克服するための方法を解説

回避性パーソナリティ障害とは、傷つくことや失敗を極度に恐れ、仕事や恋愛など生活に支障をきたす障害です。症状の特徴は日本人の性格によくみられるものですが、社会生活...

372260 view
公開日:2016/09/05
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像 8位

8

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行...

2372164 view
公開日:2016/09/29
【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像 9位

9

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどんな障害があるか、その原...

207383 view
公開日:2018/08/28
ADHD(注意欠如・多動性障害)の診断・検査の内容は?ADHDの特徴チェックのタイトル画像 10位

10

ADHD(注意欠如・多動性障害)の診断・検査の内容は?ADHDの特徴チェック

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの特徴がある発達障害です。最近では発達障害の認識も浸透しつつあり、子どもや自分がADHDなのか気になる方も多くなってきてい...

311742 view
公開日:2016/06/08
ADHD(注意欠如・多動性障害)の治療法・療育法は?治療薬は効果的なの?のタイトル画像 11位

11

ADHD(注意欠如・多動性障害)の治療法・療育法は?治療薬は効果的なの?

ADHDの治療法にはどんなものがあるのでしょうか?またどのような療育法が適しているのでしょうか?ADHDの治療薬の効果や副作用、薬以外の治療法としての療育などに...

424274 view
公開日:2016/06/11
ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い - 症状の比較と合併症状についてのタイトル画像 12位

12

ADHDとアスペルガー症候群の7つの違い - 症状の比較と合併症状について

ADHDとアスペルガー症候群は似ている症状があるため、見分けることが難しいとされ、混同されることもあるようです。しかし、ADHDとアスペルガー症候群は異なる障害...

2701837 view
公開日:2016/01/18
「書くのが苦手」はディスグラフィア(書字障害)かも?症状、原因、困りごと、対処法まとめのタイトル画像 13位

13

「書くのが苦手」はディスグラフィア(書字障害)かも?症状、原因、困りごと、対処法まとめ

子どもが「なかなか字を書けるようにならない」と無理に何度も練習をさせていませんか?もしかしたら、それは書くことに困難がある学習障害かもしれません。ディスグラフィ...

345105 view
公開日:2016/09/04
ADHD(注意欠如・多動性障害)の3つのタイプとは?のタイトル画像 14位

14

ADHD(注意欠如・多動性障害)の3つのタイプとは?

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。子どもの20人に1人、成人の40人に1人にADHDが生じるといわれますが、周りに理解...

4576082 view
公開日:2017/08/30
コンサータの効果や副作用は?ストラテラとどう違うの?ADHDのある人に処方される薬コンサータを解説!のタイトル画像 15位

15

コンサータの効果や副作用は?ストラテラとどう違うの?ADHDのある人に処方される薬コンサータを解説!

コンサータはADHD(注意欠陥・多動性障害)のある人に処方される薬です。コンサータはどのような薬なのでしょうか。効果だけでなく、副作用も気になりますよね。この記...

785374 view
公開日:2017/08/31
【図解】ADHDとは?イラストで分かりやすく紹介します!のタイトル画像 16位

16

【図解】ADHDとは?イラストで分かりやすく紹介します!

ADHDは、外見からはその特徴が分かりにくかったり、「衝動的に行動する」「忘れっぽい」「落ち着きがない」などの行動面の問題は個人の努力不足と誤解されやすかったり...

136453 view
公開日:2018/10/30
新版K式発達検査とは?検査方法や費用などをご紹介しますのタイトル画像 17位

17

新版K式発達検査とは?検査方法や費用などをご紹介します

発達検査は、子どもの発達の水準や偏りを捉えることを目的として作られた検査の一つで、発達支援や学習指導など様々な場面で利用されています。自閉スペクトラム症など、発...

366994 view
公開日:2016/08/22
発達指数(DQ)とは? 発達指数の定義、知能指数(IQ)との違い、検査結果と支援方法まとめのタイトル画像 18位

18

発達指数(DQ)とは? 発達指数の定義、知能指数(IQ)との違い、検査結果と支援方法まとめ

発達指数とは、子どもの発達の規準を数値化したものです。乳幼児の時に発達の段階が数値として表れることで、お子さんの今後の成長に不安を覚えるご両親もいらっしゃるよう...

296918 view
公開日:2017/01/09
子どもの低緊張(筋緊張低下症)とは?フロッピーインファントの具体的な症状、治療法、相談先についてのタイトル画像 19位

19

子どもの低緊張(筋緊張低下症)とは?フロッピーインファントの具体的な症状、治療法、相談先について

子どもの体がなんとなくふにゃふにゃしている、姿勢が悪い……。それは低緊張かもしれません。低緊張とは、自らの体を支える筋肉の収縮が弱い状態であり、その後の運動発達...

320573 view
公開日:2016/12/15
療育の専門家がサポートする「普通の園生活」。音楽を通し体と心を育む、児童発達支援・ふじニコニコキッズのタイトル画像 20位

20

療育の専門家がサポートする「普通の園生活」。音楽を通し体と心を育む、児童発達支援・ふじニコニコキッズ

埼玉県・川越駅近くの「ふじニコニコキッズ」は、保育園に併設の児童発達支援事業所。ここでは専門性のあるスタッフによる「普通の保育」が営まれています。 大きな特徴...

9399 view
公開日:2018/07/06