あなたの子育てに関する疑問や悩みを質問してみましょう!

Qustion button
質問詳細 Q&A - こんなときどうしてますか?
Q white

療育のクリニックの先生と私の考え方に、相違が...

療育のクリニックの先生と私の考え方に、相違が出てきました。
言語療育は、月に1回で個別です。まだ2回しかやっていませんが、毎回タメになるなと思っています。

もう1つの療育機関は、これから息子の療育計画をする予定です。近々面談してもらいます。
園との連携もあり、息子の様子を見に園に来たりしています。

クリニックの先生は、言語療育の先生とは違い、私との話をするだけです。息子を診たのは2回です。
クリニックの先生と私の面談の時に、息子の事をそこまで言うかと言う位、酷く言います。
最近はそのストレスが酷く、クリニックの先生に「家や園に来て、実際に息子を観察してください。」と言うのを我慢しています。

もちろん発達専門の先生ですので、納得出来ることもありますが、私の息子への対応に文句を言うのであれば、素直に受け入れられます。
でも実際は、息子がいかにダメな子供かや小学5年生位になった時の話をします。
成長していることを全く聞いてもらえません。

知能の遅れや、言語の理解や表現を指摘されていますが、息子の人格否定がメインになっています。

サードオピニオンも考えたりもしましたが、また1から色々な検査をしなくてはいけませんし、息子にとってはサードオピニオンが必要なのかは疑問です。

もし、サードオピニオンをされた方がいらしましたら、なぜそうしたのか等の理由を教えて頂けたらと思っています。
よろしくお願いします。

回答する あなたの回答を書く(1000字まで)

回答のアイコン この質問への回答

ruidosoさん
Calender icon 2017/12/13 01:02
A white
人格否定とのことですが、何を言われたかはわかりませんが
五年生位の話というキーワードから推測するに
確かに五年生位になってから特に顕著に問題行動や不具合がでたり
二次障害その他、いじめの被害者、加害者になる等の悩ましいなんとも避けて通りたい問題に繋がるということは実際よくある話でして
IQが平均値あったり、コミュニケーション力がある子ほど、しんどい目にあいやすいのです。
今後の療育や備えをするにあたり、十歳から二十歳過ぎまでの結構大変な時期の事を抜きにしない方がよいということなのではないかと。

今、いかに伸びたり成長したとしても結局その成長こそが一度仇になります。
コミュニケーション力や感情コントロールがしっかり伸びても、情緒の不安定さや、認知の歪みはさほど大きくは改善しません。
だからこそ躓く。
そのターニングポイントが五年生頃だとは感じます。
自分の問題に向き合える力がある子ほど躓くタイミングでもあります。

主治医の伝え方等にも問題があるのかもしれませんが、今やっている療育でお子さんの困りが減らせても、ゼロにはならないというのは主もわかっておられるでしょうが
今の伸びは将来に必ず実りになりますが、そこまで至るには険しい山谷を通るということの指摘ではないのかな、と。

療育しなくていいということはないと思いますが、療育の頑張らせすぎは大変危険です。
伸びずに疲弊して折れてしまうこともあります。

私はたまたま色んな病院の先生がたとお話する機会を作っているのですが、どの先生も療育を詰め込みすぎるのはダメだとおっしゃいます。

今の伸びを認めてくれないのは悲しいですが、今伸びてるからいい!という話でも決してないので

親御さんが納得することが一番重要ではありますが、いまの主治医は言葉選びなどに不適切さはあっても、存外大事なことを教えてくれてある可能性もあるかもと思います。

ちなみに、主治医はどこも親から話を聞いて終わりですよ。伸びたところは誉めてくれたりもしますが、伸びてないところなどもしっかり指摘してくれる病院の方がありがたいですね。

ruidosoさん
Calender icon 2017/12/13 07:26
A white
補足です。

クリニックの先生は仮に併設でも訓練の様子を直接見に行くことはあり得ません。
家や園に行くこともまずないです。そういった要求はしない方がいいかもです。相手も反応に困ります。それは無理ですとか、出来ませんというしかないので。

併設の療育施設で、医師のリハビリオーダーにより医療保険でリハビリを受けたら意思にはリハビリ担当から実施評価がフィードバックされます。
医療保険で実施しない場合、施設側に実施状況や評価を書面にしてもらい、親から医療機関に報告しないといけませんよ。

医療機関から報告がほしいともとめてくることもあります。

児童発達支援事業を活用して療育をしているなら、報告の作成は年に2回程度まではそちらの事業でカバーしてもらえるはずです。

書きぶりから、言語のリハビリはクリニック併設の療育施設で医療保険適用でやってるのでは?と思いましたが
だとするとリハビリの先生から評価は医師にあがってるのでは?と思いますけど。違いますか?

うちの子のかかりつけではそうなっています。

言語で伸びたり参考になるということも事実なのでしょうし、大変喜ばしいことです。
が、医師の助言はリハビリでの評価を元にアドバイスされてる可能性もあると思います。

個人的にはサードオピニオンはオススメしないです。お子さんの状態の評価や見通しについて言葉での表現に変化はあったとしても、見通しは結局大差ありません。
最悪はこうなると表現されるのがいやなら、今の病院はやめて別の病院に乗り換えてと思いますが、どう表現しようが未来のことはわかりません。
どの先生も、先のことはわからないと言葉を濁してはくれますが、しつこく聴くと小学校高学年以上で苦労するとか、通常級は無理とか、支援級は入れてもらえないだろうけど、通常級もあわず不登校になるかも、とか
これはトラブルのもとだとか
ここは思うようには伸びませんよ、という辛い話がでてきます。

実際そういう嫌なシナリオについても見通しがたってないと親として行き詰まることもあるので、聞いておいてよかったと私は感じました。

将来の見通しのたてかたは、人それぞれ違うと思うのです。
ネガティブなことは言われない方がいいというならばそれはそれだと思います。

nuttyさん
Calender icon 2017/12/13 08:02
A white
医師との相性は大事なので変わってみるのはどうでしょう?

うちは4人目の医師でようやく親子ともに落ち着いています。
今のクリニックにお願いして検査結果をもらえればそうしてもいいし、もらいにくければわかる範囲で検査結果を伝えるでも、大丈夫だと思います。子どもさんの負担を考えて、すぐに発達検査をしたくないことを伝えれば、合わせてくれると思います。それに合わせてくれないようなクリニックだったら、そこもやめたほうがいいです。

うちは最初の医師は
「こんな子が普通のわけないでしょう。」と、初診で子どもの前で言われた。
二人目は、小学校になじめたので診察終了になった。その後、再診しようと思ったら息子が嫌がった。
三人目は「様子を見ましょう。」と、言われ続けて2年くらいの月日が経った。

です。
いいお医者さんが見つかりますように。

関連するキーワード 関連するキーワード

みんなのアンケート

関連の質問一覧 関連の質問

Finish
6f34a3e0e1af181e8a78e70c146682b7ead12846 l

来年小学校に行く息子ADHD(ほぼ確定)のことで相談させてく

ださい。通級か支援級かの判定も出てませんが見学に子供と行くべきか悩んでます。今は保育園ですが、主人の強い希望で隣の市へ。。。今の保育園はほ...
回答
まずは、診断を受けるなりして、受給者証をもらうことをおすすめします。できれば、ご主人さんと一緒に病院に行き、医師と話ができればと思います。...
Qa comment count icon 29
Finish
Bff532df 68fd 465a a045 c10bc41b2b1f s

年長6歳のグレー男児の母です

就学も近いのでいろいろ悩ましく慌ただしく日々送っています。通園している保育園で先生と面談を行ったたのですが我が家では普通級と通級を利用させ...
回答
その子によって違うんですよね。多動や、注意がそれやすいと、なにかにつけて、大変ではあります。 支援級って、見たことがないのかもしれません。...
Qa comment count icon 7