【児童発達支援・放課後等デイ】気になる施設を見学しよう!申し込み方法や見学のポイントなどをチェック

通いたい施設を見つけたらすぐ契約を申し込んでいい?― ― 児童発達支援や放課後等デイサービスの施設の利用を始める前に、まずは見学や教室の体験に行ってみましょう。ホームページや口コミの情報だけではわからない実際の様子を確かめながら、子どもに合う環境なのか、スタッフの対応などもみておくと安心です。見学の問い合わせもできる発達ナビの便利な施設情報ページの活用法から、見学時にチェックしておきたいポイントまで解説します。


児童発達支援・放課後等デイの施設は利用前に見学を

児童発達支援・放課後等デイサービス事業所の多くは、無料で見学を受け付けています。利用したい通所支援のサービスが決まったら、お住まいの地域にある施設を探し見学を申し込みましょう。

施設によって支援プログラムや方針などの特徴、雰囲気もさまざまです。見学することでホームページなどの情報だけではわからない、実際の雰囲気やスタッフの様子、子どもとの相性などを確かめることができます。できれば、いくつかの施設に足を運んでみることをおすすめします。

その際は、お子さんもぜひ一緒に連れていきましょう。子ども本人が、安心して過ごすことができるか確かめることも重要です。

体験利用ができる児童発達支援・放課後等デイも

実際のプログラムを体験する機会を提供している施設もあります。見学時に保護者とスタッフが面談している間に、子どもがプログラムを体験するところもありますが、別の日程でじっくりと体験の時間をとることが可能な場合もあり、施設によって方法はさまざまです。

見学の申込時に、体験利用についても聞いてみると良いでしょう。

子どもが施設の過ごし方を実際に体験してみることで、「スタッフやお友だちと楽しめているか」「安心して通えそうか」といった様子を確認できます。

児童発達支援・放課後等デイに見学を申し込む方法

施設に見学を申し込む方法には、電話やWEB、メールで予約する方法があります。発達ナビからも施設に問い合わせることが可能です。それぞれの方法やメリットなどを紹介します。

LITALICO発達ナビ「施設情報」から予約する

発達ナビの「施設情報」ページでは、全国各地の施設情報を掲載しており、WEBからの見学予約や電話でのお問い合わせが可能な施設もあります。

個別に施設情報を調べたり、連絡先を探したりする必要がありません。「空き確認・見学予約」のボタンから施設への問い合わせや、電話ができます。

また、気になった施設はクリップして保存しておけます。候補としておいた施設を後から見返すことができます。

いくつかまとめてWEBお問い合わせすることも可能です。気軽に活用してみてください。

個別に施設に連絡する場合

施設の連絡先を調べ、自分で個別に連絡する方法もあります。

市区町村の窓口で施設の情報がもらえる場合もあります。施設ごとのホームページにある連絡先を調べて申し込むこともできます。

・電話
電話対応からスタッフの雰囲気を伺うことができるかもしれません。

・WEBやメール
ホームページに見学予約のメールフォームや問い合わせ先が掲載されている場合もあります。

問い合わせ・申し込みの方法が指定されている場合は施設の方法に従って連絡してみましょう。

児童発達支援・放課後等デイの見学時のチェックポイント

施設を見学する時は、管理者や児童発達支援管理責任者などが案内することが多いようです。不安や疑問など、わからないことを確認できる機会ですので、積極的に聞きましょう。

ただ、「何をどう見たり聞いたりしたらいいのかわからない」という方もいるかもしれません。見学時に確認したいポイントをご紹介します。

見ておきたいこと

子どもと合いそうか: 実際に施設で過ごすのは子どもです。安心し、楽しんで通うことができそうかは大切です。

スタッフの対応や様子はどうか: どんなふうに子どもに接しているか、声かけなどの様子はどうか見ておくとよいでしょう。子どもの成長を見守るパートナーとして相談のしやすさも重要です。

ほかの子どもの様子はどうか: 曜日によって利用する子どもの年齢にばらつきがある可能性もあります。同世代の子どもがどんなふうに過ごしているかや子ども同士のやり取りをみてみたり、聞いてみると良いかもしれません。

施設の設備などはどうか: 感覚過敏のある子どもなどに配慮していたり、集中しやすい環境設定の工夫をしていたりする施設もあります。

聞いておくといいこと

いつから利用できるか: 施設の見学を受け付けていても、定員がいっぱいで利用契約ができない、ということもあります。今、利用できる状況なのか、いつから利用できるのか確認しましょう。

支援プログラム: 応用行動分析(ABA)、TEACCH、感覚統合療法、作業療法、音楽療法、運動療法など、支援プログラムはさまざまなタイプがあり、施設ごとに特色や強みがあったりします。また、遊びや行事などの余暇活動や子ども同士のコミュニケーションに力を入れているところもあります。子どもの課題や必要なサポートに合うかどうかも相談してみると良いでしょう。

イベント・行事: どれくらいの頻度でどんな活動を行っているのか。

費用: 給食費やおやつ代、教材などの実費負担分について。

欠席した場合の対応: 振替え利用が可能か、利用日時の変更等にどのように対応しているか。

チェックするとよいこと

通いやすいか: 送迎の有無や送迎の範囲など

支援方針: ご家庭の方針とあっているか(施設のホームページで見られるところもあります)

専門スタッフ: どんな資格を持ったスタッフがいるか、実務経験など

以上のチェックポイントを参考にしてみてください。すべての希望条件が当てはまる施設は、もしかしたら、なかなか見つけられないかもしれません。子どもやご家庭にとって何が大切かという優先順位を整理して、利用する施設を決めましょう。

児童発達支援・放課後等デイを見学したら

施設を見学して利用したい施設が決まったら、障害児支援利用計画案を作成します。市区町村の担当窓口で、指定障害児相談支援事業所を紹介してくれます。すぐに、相談支援事業所が見つからない場合は、セルフプランとして、家族や支援者が作成することもできます。

参考記事:

障害児支援利用計画って?作成の依頼先やセルフプランも紹介

施設の利用契約には受給者証が必要です。受給者証の申請を行い、施設との契約の準備を進めましょう。

受給者証はどうやってとるの?

都道府県から探す

都道府県から探す


掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。